【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ 『フユウソ -Snow World End-』を応援しています! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや レビュー 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
天気雨

OHP
批評空間の点数:88点

 二人の狐耳娘が登場する以外至って普通の現代が舞台だけど狐耳娘がなんで居るんだとかどういう存在なんだとかそういう堅っ苦しい事はオールスルーしてひたすら田舎で彼女たちとまったりらぶらぶ暮らすだけのストーリー。
 とにかく雰囲気が良いのが印象的。タイトルも良い味出してますね。途中までなんでこのタイトルなのか気付きませんでしたが。我が事ながら鈍い。
 物語の起伏は乏しいですがエロゲで良くある終盤唐突に始まるクソみたいなシリアス展開が無いだけでも手放しで賞賛出来るレベル。可愛い狐耳娘と一緒とのまったり生活という基本線から一歩もはみ出していないのが良いですね。
 白目当てで買ったものの狐も予想外に可愛く嬉しい誤算。妹に嫉妬する姉は素晴らしい。
 E-moteに関しても良かったですね。主に揺れるおっぱいが。E-mote積んでて良かったと思った作品はこれが初めてです。

 唯一残念だったのはややボリュームが乏しかった点。ミドルプライスとは言えヒロイン二人だけなんだからもうちょっと一人一人のシナリオ長くても良かったかなあ、と。というかなんで姉妹丼ルートが無いのかと小一時間。エロには結構力を入れてたんでそこだけが片手落ちな印象。
 残念だったのは本当にそれだけで文句の附けようの無い作品でした。


ミライカノジョ


OHP
批評空間の点数:88点

 正直言って粗だらけの作品です。
 まずCGがパッチ入れても69枚とフルプライスゲーとしてはかなり少ないです。普通フルプライスというと80枚以上がデフォ。サノバウィッチで92枚、ゆきこいめるとで85枚あります。むしろミドルプライスの隠恋ぼが60枚なのでミドルプライスから数えた方が近いです。原画家は複数なのになんでこんなに少ないのか不思議。単に経費削減の結果でしょうか。
 文章自体もかなり問題があってまず非常に面倒くさい仕様になっています。設定的に仕方ない部分もありますがほぼ変わらない文章をスキップも出来ずなんども読まされるのはわりと苦痛。本当なら強制スキップしてしまいたいのですが微妙にテキストを変えているのでややこしい。変わらない部分はスキップ出来るようにして変わった部分だけそうと分かるようにすれば良かったのにと思います。
 シナリオも物語の根幹をなす部分の謎が解決されずそのまま放置されて終わるのでイマイチすっきりとしません。またキーパーソンである唯月の存在も終盤までほとんど明かされない&終盤出てきてもきちんと説明されません。まあそれはそれで良いのですがこの扱いだったらOHPで顔出しせずに秘匿しろよと。マーケティング的に美味しくないからそうしなかったんでしょうが。

 と、色々文句を言いたくなる作品でしたが一つだけ手放しで賞賛したくなる部分があってそれが3Pです。
 このミライカノジョ、普通の作品でいうところの個別ルートというものが存在しません。未来や過去からやってきたヒロインと現代のヒロインの二人をそれぞれ一緒に攻略するスタイルになっていて必然的Hシーンも3Pの占めるウェイトが大きくなっています。結果全ヒロインに3Pシーンが用意されており、3P好きとしては素晴らしいとしかいいようがありません。
 また、主人公とヒロインたちは必然的に三角関係となるわけですが、同じ自分と主人公を挟んだ三角関係という特殊な関係に関しても描写がしっかりしていて(少々特殊ではありますが)三角関係を描いたシナリオとして非常に心地よい物に仕上がっています。それぞれのラストに関してもどちらか一方を選ぶような終わり方をしないのも非常に好印象。
 最近のエロゲではそもそも三角関係を描いた物自体少なく、またあったとしても非常にシリアス色の強いものがほとんどなのでこの作品のように比較的ライトな雰囲気で三角関係を描いたシナリオというのは珍しく、そういった物を求めていた身としては必然的に評価が高くなってしまいます。

 ヒロインに関しても比較的魅力的にかかれています。特に気に入ったのが佳苗(小)。
 エロゲヒロインの場合ロリキャラであっても年不相応に精神年齢が高かったり、逆に身体は大人頭脳は子供なパターンだったりする事が多いのですが、この佳苗の場合作中での設定と精神的な年齢が合致していて違和感を感じず非常に魅力的でした。もう一人の『自分』との年齢差が三組の中で一番大きい佳苗ですが、その対比も上手く書かれていたように思います。

 と、色々書いてきましたがようするに「3P好きなら買って損はなし。そうでなければただの凡作」という非常に分かりやすい作品だと思います。
 いわゆる属性特化作品ですが、3P好きとしてはこういう作品がもっと増えて欲しいと切に願う所存です。   
 PULLTOP LATTEは彼女と俺と恋人と。も3P作品でしたのでこのままこの路線でいって欲しいですね。

ゆきこいめると

OHP
批評空間の点数:88点

 ピュアガール、イノセントガールとハーレムルートがあり、このゆきこいめると購入の動機もハーレムルートを期待してのものだっただけにハーレムルートが無いというのは大きなマイナスでした。なんで一番肝心の部分を作ってないんだフロントウイングは!?

 が、文句を付ける点はその位で他の部分に関しては何の文句も付けられないような素晴らしい作品だったと思います。
 いわゆる萌えゲー、いちゃらぶゲーなどと呼ばれるような内容の作品ですが、そういった作品に必要な物全てを過不足なく備えている作品であり、本当に何処にも文句のつけようがありません。
 ヒロインは全員魅力的。告白してから即セックスに雪崩れ込む作品が多い中、ゆきこいめるとは告白・キス・セックスをきっちりと分けて書いており、その間間の二人の微妙な距離感の変化もきちんと丁寧に描写する事によって非常に甘々な雰囲気の醸成にも成功しています。またそれでいて四人のヒロインのシナリオはそれぞれテンプレ化する事無く一人ひとり違う流れで恋人としての関係を深めていっているのも好印象。告白は愚かセックスのシチュやタイミングまでテンプレ化して流れ作業的に進めていく作品もありますからね。そういった作品に感じる違和感や作業感を感じなかったのは大きいです。
 また、個別ルートに入って以降も他のヒロインが神かくしに合わなかった点も高評価。個別ルート入った途端他のヒロインが全く出てこなくなる作品多いですからね……。それに合わせて二人の関係だったり性生活だったりが他のヒロインにバレる展開が色々入っていたのも良かったです。そういうの大好きなので。

 とにかく全員甘々なシナリオが徹頭徹尾展開されるシナリオは見事の一言。特に終盤で良くある無駄且つ強引なシリアスに逃げなかった点は賞賛に値します。
 某ライターさんが言っていましたがシリアス入れると終盤の流れが楽なんですよね。問題発生→解決→大団円の流れが作れますから。
 そういった楽をせず最後まで甘々ないちゃらぶを描き切ったという点がこのゆきこいめるとの一番の素晴らしさだと思います。

 返す返すもハーレムルートが無かった事が残念でなりません。そこさえ無ければもう本当に文句のつけようの無い作品でしたから……。


サノバウィッチ

OHP
批評空間の点数:74点


 発売日に購入したものの、前作のトラウマからどうにもプレイ意欲が湧かず発売から一ヶ月近く時間を置いてのプレイとなった本作。結果的にはこれが大正解でした。
 というのも、私は最初寧々ルートを最後プレイしようと思っていたのですが、他のユーザーの話を聞くとこの寧々ルートが非常に評判が悪かったので予定を変更して二番目に攻略してしまう事にしたのです。
 どうしても最後にプレイしたルートは記憶に残りやすいですからね。あんな胸糞悪いルートを最後にプレイしていたら作品全体の評価も今より大分悪い物になっていたと思います。
 複数ライターの作品には珍しい事ではないのですが、ルートによって出来の大きく異なる本作。センターに鎮座しシナリオ的にも一番優遇されている寧々ルートに大きく足を引っ張られた印象の非常に強い作品でした。

 と言っても寧々というヒロインが駄目なわけではありません。むしろ共通ルートをプレイした時点では四人のメインヒロインの中で一番魅力的に映ったのが寧々でした。しかし、そんなヒロインの魅力は個別ルートによって木っ端微塵に打ち砕かれてしまった印象です。
 なんというか、肝心な部分で雑な印象を受けるシナリオでした。特に気になったのが魔法の発動によって別れる事を知ってしまってからの二人の行動。
 いや、お前らあっさりと諦め過ぎだろ、と。
 ちょっと手段を模索してそれが駄目だとわかるとあっさり切り替え最後の思い出作りに移行するので二人して悲劇に酔っているだけにしか見えませんでした。
 RESTARTの展開が最初から企画にあったのでこの辺適当に済ませたんでしょうが、魔法なんてものがある以上どうとでもやりようはあるように思えちゃうんですよね。
 そんなわけで寧々ルートの終盤は悪い意味で二人だけの世界に浸った安っぽい茶番にしか見えませんでした。

 しかし、更に質が悪かったのがその後に始まる寧々ルート後半部分とも言えるRESTARTでした。

 RESTARTをクリアし終えて心に残ったのはなんとも言えない薄ら寒さでした。
 魔法の効果が発動し、今の世界と別れを告げ彼女の望んだ(?)世界へと精神だけ飛んでいった寧々。彼女はそこで一度は離れ離れになった柊史と再び出会います。寧々の事は知らなかったこの世界の柊史でしたが元の世界の柊史が持たせた心の欠片によって寧々との記憶を思い出し無事二人は再び結ばれましためでたしめでたし。
 ……なのですがね、私にはこの寧々の柊史に対する愛情、ある種の狂気にしか映りませんでした。
 というのもシナリオを読んだ限り二人の柊史は決して同じ人間ではなく姿形が同じだけの別の人間に過ぎないんですよね。心の欠片にしてもあくまで記憶を移植したに過ぎず、記憶を思い出したわけではないので寧々と別れた以降の柊史の記憶は心の欠片には入っていません。いくら寧々との記憶を持っているとしても二人の柊史はれっきとした別の人間なのです。
 しかし寧々は新たな恋人である柊史が元の柊史と同じ人間であるとしか認識しておらず無邪気に新たな恋人との愛を育みます。これが狂気で無くて一体何なのか。

 失った恋人と瓜二つの人間にかつての恋人の記憶を移し元の恋人が返ってきたと喜び新たな恋人とする。


 近未来物のSFとかでありそうというのがプレイ中に浮かんだ感想でした。死んでしまった恋人を模して作ったアンドロイドに恋人の記憶を移植するとか探せばいかにもありそうです。

 柊史ではない柊史と新たな恋を育む寧々。一見幸せいっぱいの甘々なのですが、上記のような理由で額面通りには二人のいちゃつきっぷりを受け止められずただただ寧々の歪んだ愛情だけが印象に残るシナリオでした。
 こういうシナリオも書き方によっては味が出て良いのでしょうが、少なくともこの作品でやる必要があったようには思えません。
 これだったらシンプルに柊史も同じように魔法を使い寧々のいる世界へ追いかけていくとかで良かった気がします。まあ、好みの問題もあるのでしょうが……。
 

以下他のヒロインルート毎の感想

憧子
 最初にクリアしたヒロイン。良くあるパターンの話ですよねという以上の印象は残っていません。どこかで見た、何処にでも有る話という感じ。寧々と同じく共通ルートでは輝いていたのですが個別ルートではその魅力を十全に披露しているようには思えませんでした。残念。
 悪い意味で印象に残ったのがラストの結婚云々。取って付けたような発言で非常に安っぽい印象を受けました。同じように結婚の話をするめぐるルートでは全然そんな印象は受けなかったんですけどね。この辺は書き方の問題なのでしょうか。
 良くも悪くも凡作と言った印象のシナリオ。点数着けるなら60点くらい?


和奏
 サブヒロイン扱いであまりシナリオの分量は無いですがきちんと纏まっている良シナリオだったと思います。
 というかこの作品、魔女設定と深く絡まない部分程よく出来ている印象なんですよね……。



 紬ルートの感想をあさっているとやたら「ばぶみ」という言葉が目についたのが印象的。つまりはまあ、そういう事です。
 印象に残ったのが主人公の過去の回想。家に訪ねてきた担任の教師とクラスメイトから『他人の気持ちを感じ取れる』故に感じてしまった強烈な吐き気。
 他者の偽善っぷりを上手く表現しており柊史が『魚の死んだような目』をするに至ったであろうエピソードの一つとして短いながらも上手く書かれていたと思います。
 他のルートでもこういったエピソードは挿入して欲しかった気はしますが、そういった偽善からかけ離れた位置にいる紬との対比という意味でもこのルートに入っているのが一番相応しかったのでしょうね。
 シナリオとしては紬とアカギの意外な接点など、シンプルではありますが綺麗に纏まっていた印象。
 何より紬というヒロインの魅力を十二分に発揮できていたのが素晴らしいですね。
 めぐるルートに次いでお気に入り。

めぐる
 全ヒロインの中で群を抜いて評判が良かったため攻略を最後に取っておいたのですが大正解でした。
 とにかく甘々でヒロインの魅力をこれでもかと見せつけるようなシナリオ。ゆずソフトに求めていた物を具現化したようなシナリオであり文句の付け所がありません。このルートだけなら最低でも90点は付けたいところです。
 寧々ルートなどと違いあくまで二人の恋愛を物語の中心に据えて書かれているのが良いですね。魔女に関するエピソードも無駄な事はせず綺麗に纏まっていて良かったです。
 また、告白してから即セックスに雪崩込まなかったのが好印象。付き合い始めてキスもした。だけどセックスはまだ出来ない。でもしたい。そんな微妙な時期の二人の心情が上手く描かれていました。
 最近のエロゲーだと告白したと思ったらそのままセックスまで間を置かずに行ってしまうシナリオが多数ですからね。そんな中でこのめぐるシナリオは輝いて見えます。
 主人公の能力に関してもめぐるシナリオが一番綺麗に消化できていましたね。なかなかに心憎い展開でした。



 他、主人公の父親がいい味出していた印象。あのキャラ自体はあまり好きではないのですが息子の彼女とのやり取りの場面でひたすらニヤニヤ出来ました。主人公の両親は行方不明がデフォのエロゲ業界ですが、もっとこういうのが増えて良いと思います。
 ちょっと期待はずれだったのが主人公の能力の扱い。めぐるルートでは上手い事使えていたと思いますし、紬ルートでのエピソードも良かったと思いますが、もっと色んなパターンで自分の能力と向き合う主人公を見てみたかったです。

 全体としてみるとやはり寧々ルートが足を引っ張っている印象の作品でした。純粋な出来の問題もありますが、それ以上に彼女のシナリオが優遇されているのが問題。
 シーン数一つとっても彼女だけ他のヒロインに比べ倍以上用意されていますからね。シナリオの出来が良ければそれでも良いのでしょうがRESTARTなどひたすら真顔でプレイしていたので、そこでいくらえっちいシーンを入れられたところで嬉しくもなんともありませんでした。その枠めぐるや紬に譲ってくれよと。

 めぐるか紬シナリオのライターに寧々も書いてもらっていれば全然違った事になっていたのになあと、そんな心残りを強く感じてしまう作品でした。

サツコイ~悠久なる恋の歌~サツコイ~悠久なる恋の歌~
(2014/08/29)
Windows

商品詳細を見る


OHP
批評空間の点数:30点


 とにかくご都合主義という印象が強い作品でした。
 と言うと、首を傾げる人も多いかもしれません。一般にご都合主義と言うと、ラスト付近の強引な展開や安易な奇跡によって死ぬはずだったヒロインや主人公が生き延びる展開が連想され、そういった観点から言えばラストシナリオに当たる悠ルートで主人公がきっちり死亡するこの作品はご都合主義に流されなかった作品と言えるのでしょう。
 では何故この作品がご都合主義と感じたのかというと、それは物語の主軸でもある人魚という設定そのものにありました。

 人間の姿形をしながら人間よりはるかに長い寿命を持ち強靭な戦闘力と回復力を持つ人魚という存在。
 ぶっちゃけ何処にでも転がっているありがちな設定です。足生えてるし鱗も無いのに何故人魚?何処が人魚?という疑問はありましたが。吸血鬼だとありがちだから無理やり変化球投げた感じでしょうか。
 で、ありがちじゃない設定が幾つか。人魚は必ず雌雄一対で生まれますが、それは雄は雌が成魚になるための栄養で最初から雌に食われる運命にあるというのです。雄は食われる為の存在であるからして雌のように長生きは出来ず、また雌も雄を食わなければ衰弱して死んでしまう。また人魚は近親相姦で子孫を残すのが普通で雌は雄を捕食する前に雄と後尾をするのだという。
 で、そんな人魚の雄に生まれた主人公。そして主人公を食う事になる対の雌がヒロインである悠。

 いやもう、この時点でご都合主義以外の何物でも無いと思うのですよ。最初から悲劇・悲恋を描きやすいように全てがお膳立てされているという。それもシナリオの展開などではなく、最初からある設定によって。これがご都合主義でなくてなんなのか。

 で、人魚である主人公は本能に従い、妹である悠を守り、悠と愛しあい、悠に食われ物語は終わっていくわけです。
 ぶっちゃけ何のひねりもありません。この設定からどういう風に話を広げていくのかと思っていたら何の広がりもなくそのまま終わってしまうのです。逆に吃驚です。もうちょっと頭使ってシナリオ書けや。

 この作品、
 
【愛する者のために死ねますか――?】

 というキャッチコピーが附いていますが、考えれ見ればこれも滑稽な話で愛するもクソもその感情自体本能的なものだと説明されてしまっているんですよね。ただ本能に従って愛し、本能に従って死んだだけでだからどうした。としか。
 主人公達の母であるイズナは愛され守られる筈であった兄から愛されも守られもしなかったと独白し、その兄を最低な男だったと切って捨てています。
 この作品ではほとんど唯一何のフォローもされず悪人に仕立て上げられている彼ですが、同時に唯一人魚の本能に抗ったという意味で一番理性的な人魚だったのかもしれません。むしろ彼のような人魚を主人公にした方が面白い作品が書けたんじゃないかと。
 しかし、妹を守るのも愛するのも食らわれるのも全て本能だと説明されているのにそれに抗われるって、そんな事やられたイズナは確かに人格ネジ曲がっても仕方ないですね。例えるならヤりたい盛りの思春期の男子中学生に裸で迫ったのにちんこぴくりとも動かなかったって事ですからね。そりゃあプライドズタズタになるってもんです。兄が最低な男だってのは実はイズナがそう思い込みたいだけなんじゃないかなあ、なんて。「あいつが勃たなかったのは私見魅力が無いからではなくてあいつがインポなだけ」みたいな。


閑話休題


 上記のような設定上の問題は横に置いても全体的に色々陳腐な部分の目立つ作品でした。
 特に作品のクライマックスに当たる悠ルートのラスト部分が酷い。締め切りが迫っていて考える事を放棄した末のシナリオだったと言われたら素直に納得するレベルの出来です。
 イズナに襲撃予告をされているというのに悠に言われただけであっさり悠から離れ一人で外を出歩きあっさりイズナに拉致される主人公。
 イズナの存在を知っているにも関わらず主人公がイズナに襲われたという考えに至る事が出来ず主人公を捜索するでもなく、悠に歌を歌う事だけを強要する瑠璃。
 ラストの展開に持っていくための措置だという事はわかりますが、強引過ぎて登場人物を馬鹿以外の何者でもなくしてしまうのは如何なものかと。
 こんな強引な展開の後に感動話持って来られても白けることこの上ないです。

 またキャラクターの造形もかなり陳腐。というか、バカの一つ覚えのような印象です。
 主人公に常日頃から虐待を加え、物語冒頭では刃物で刺すに至った義父。
 そこまでしておきながら実は不器用なだけでした、主人公の為にお金貯めてました。実は良い人でした。……って馬鹿か!
 まだ酔っ払った時にだけ人格豹変するっていうなら百歩譲って分からないでもないですが、日頃から屑で親戚一同から総スカン食らっているような人間が最期にちょっと良い人っぽい事したからってあっさり許されるような展開は到底受け入れられるものではありませんでした。
 家族からの愛に飢えていた主人公だからこそその取ってつけたような愛情に縋り付いた。という見方も出来ますが所詮それは砂漠で飲む泥水のような物に過ぎず、傍から見れば泥水喜んで啜っているような人間はやはりどこかおかしいと言わざるを得ないのです。

 前述の主人公達の母親、イズナに関しても似たような印象です。
 悠久の時を生き、自分で産んだ子供を食らうという蛮行を繰り返し、主人公達も取って食おうとしていやイズナでしたが、最後に主人公に自分の過去を言い当てられると愛されるべき兄に愛されなかったかつての自分を独白、一転して狂人から可哀想キャラにクラスチェンジです。そしてやっぱり主人公とあっさり和解(?)。食おうとしていた主人公達をそのままに姿を消します。いやそれもうさっき事やったから!
 義父と実母違う二人で同じ展開。物語の主題に違う角度からスポットを当てたと言えば聞こえは良いですが正直うんざりでした。なにせ二人に加え主人公の親友であり主人公を殺して妹に食わそうとした司まで最後唐突に現れ「実は良い人でした」の展開でしたからね。いい加減うんざりです。
 
 そんなわけで、重い設定と主人公が死んで終了というハッピーエンドとは言いがたい結末の作品の割に途中の展開が陳腐過ぎて、恐ろしいくらい印象に残らない作品でした。ああ、直の中の人の演技だけは非常に印象的でしたが。下手過ぎて。

 正直このライターにこのテーマと設定は荷が重すぎたのではないかと。
 ヒロインのキャラクターや序盤の日常シーンは悪くなかっただけに単純に兄と妹の恋愛と主題に据えたいちゃラブ話にでもしておけばそれなりに面白い作品に仕上がったのではないかと思うと勿体ない作品ではありました。
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR