【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ 『フユウソ -Snow World End-』を応援しています! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや レビュー「ゆきこいめると」 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
ゆきこいめると

OHP
批評空間の点数:88点

 ピュアガール、イノセントガールとハーレムルートがあり、このゆきこいめると購入の動機もハーレムルートを期待してのものだっただけにハーレムルートが無いというのは大きなマイナスでした。なんで一番肝心の部分を作ってないんだフロントウイングは!?

 が、文句を付ける点はその位で他の部分に関しては何の文句も付けられないような素晴らしい作品だったと思います。
 いわゆる萌えゲー、いちゃらぶゲーなどと呼ばれるような内容の作品ですが、そういった作品に必要な物全てを過不足なく備えている作品であり、本当に何処にも文句のつけようがありません。
 ヒロインは全員魅力的。告白してから即セックスに雪崩れ込む作品が多い中、ゆきこいめるとは告白・キス・セックスをきっちりと分けて書いており、その間間の二人の微妙な距離感の変化もきちんと丁寧に描写する事によって非常に甘々な雰囲気の醸成にも成功しています。またそれでいて四人のヒロインのシナリオはそれぞれテンプレ化する事無く一人ひとり違う流れで恋人としての関係を深めていっているのも好印象。告白は愚かセックスのシチュやタイミングまでテンプレ化して流れ作業的に進めていく作品もありますからね。そういった作品に感じる違和感や作業感を感じなかったのは大きいです。
 また、個別ルートに入って以降も他のヒロインが神かくしに合わなかった点も高評価。個別ルート入った途端他のヒロインが全く出てこなくなる作品多いですからね……。それに合わせて二人の関係だったり性生活だったりが他のヒロインにバレる展開が色々入っていたのも良かったです。そういうの大好きなので。

 とにかく全員甘々なシナリオが徹頭徹尾展開されるシナリオは見事の一言。特に終盤で良くある無駄且つ強引なシリアスに逃げなかった点は賞賛に値します。
 某ライターさんが言っていましたがシリアス入れると終盤の流れが楽なんですよね。問題発生→解決→大団円の流れが作れますから。
 そういった楽をせず最後まで甘々ないちゃらぶを描き切ったという点がこのゆきこいめるとの一番の素晴らしさだと思います。

 返す返すもハーレムルートが無かった事が残念でなりません。そこさえ無ければもう本当に文句のつけようの無い作品でしたから……。


この記事へのコメント
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL
コメント:
パスワード:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR