【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ 『フユウソ -Snow World End-』を応援しています! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや 競馬 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
備忘録。気になった馬を何頭か。

5. ディアデラノビアの16
父: キングカメハメハ × 母: ディアデラノビア (BMS:サンデーサイレンス)
募集総額 :7,000万円
1口出資額:175,000円

 今年の募集馬の中で一番良く見えた一頭。歩様は綺麗で力強く目立った缺点も見当たらない。
 全姉のディアデラマドレは重賞三勝、全兄のディアデルレイも重賞二着と血統的には申し分無し。 
 欲しいけど母親優先無しの✕無しじゃあ無理っぽいなあ。


11. ラドラーダの16
父: ロードカナロア × 母: ラドラーダ (BMS:シンボリクリスエス)
募集総額 :14,000万円
1口出資額:350,000円

 半兄にダービー馬レイデオロ。ただ、父がロードカナロアに変わった影響かパット見馬体は短距離馬。三歳春以降は短距離路線を進みそう。これも歩様は綺麗で好印象。


14. コンカランの16
父: ダイワメジャー × 母: コンカラン (BMS:ジャングルポケット)
募集総額 :2,800万円
1口出資額:70,000円

 母の産駒はデビュー前。短距離主戦のダイワメジャー産駒っぽくない馬体だけど動きは雄大で好印象。ただ、募集時点で536キロとかなりのデカさ。ここまでデカイと仕上がりや脚の故障が不安。


15. カメリアローズの16
父: ダイワメジャー × 母: カメリアローズ (BMS: ホワイトマズル)
募集総額 :3,600万円
1口出資額:90,000円

 全兄に朝日杯五着で古馬になっても活躍したダローネガ。こちらもコンカランの16程ではないが大型で既に体重が五百キロ近い。動きは重さを感じさせないキビキビしたもので好印象。母親が高齢なのが気になるくらい。
 
 
16. アウトオブタイムの16
父: ジャスタウェイ × 母: アウトオブタイム (BMS: Panis)
募集総額 :1,800万円
1口出資額:45,000円

 新種牡馬ジャスタウェイの産駒。母はフランスのスプリントG3カブール賞の勝ち馬。産駒は三頭がデビューしているが未だJRAでの勝利は無し。それどころかうち二頭がレースでの故障と調教中の病気で死亡している。
 本馬も後脚の歩様が露骨におかしい。これでは流石に怖くて手が出せない。


17. スルーレートの16
父: ジャスタウェイ × 母: スルーレート (BMS:フレンチデピュティ)
募集総額 :1,600万円
1口出資額:40,000円

 半兄に札幌2歳ステークス三着のハイアーレート。
 これも後脚の歩様が独特でひと目で分かる程に内に刺さってる。怖い。
 

18. キューの16
父: ジャスタウェイ × 母: キュー (BMS:フレンチデピュティ)
募集総額 :2,000万円
1口出資額:50,000円
 半兄に共同通信杯勝ちのブレイクランアウト。
 これはスルーレートの16とは逆に前脚がはっきりと外弧歩様。外弧は内弧に比べて悪影響が少ないと言いますがどうなんでしょ。


23. リビングデイライツの16
父: エイシンフラッシュ × 母: リビングデイライツ (BMS:フジキセキ)
募集総額 :1,600万円
1口出資額:40,000円

 母はJRA五勝だが産駒に目立った活躍馬は無し。
 やや力強さが足りないものの軽やかな足さばきでわりと好印象。


25. クライフォージョイの16
父: スクリーンヒーロー × 母: クライフォージョイ (BMS:サクラバクシンオー)
募集総額 :3,600万円
1口出資額:90,000円

 母はJRAと笠松で十四戦走って未勝利。本馬が初仔。
 ノーザンファームがセレクションセールで2,600万円で落札。それだけあって歩様・馬体とも母の戦績が思い浮かばない程しっかりしている。
 スクリーンヒーロー産駒は欲しかったし値段も手頃。行けそうなら一般で無理そうなら最優先での指名も考えています。


30. ティフィンの16
父: キンシャサノキセキ × 母: ティフィン (BMS:トワイニング)
募集総額 :1,400万円
1口出資額:35,000円

 母はJRA一勝。産駒は二頭がデビューしているがいずれも未勝利。また、両馬ともデビュー戦で断然の人気になりながら惜敗しその後も結局勝ち上がれずという妙な共通点がある。
 さらに言えば両馬ともダートと芝の違いはあるもののいずれもスプリント戦でのデビュー。そういった意味で父が短距離に実績のあるキンシャサノキセキへ変わった事は良い方向へ向くかもしれない。
 ただ、歩様を見るとかなりもっさりとした印象であまり触手が動かない。安いからダメ元で特攻してみる手もあるけれど。


32. ピューリティーの16
父: マンハッタンカフェ × 母: ピューリティー (BMS:パントレセレブル)
募集総額 :3,200万円
1口出資額:80,000円


 母は初仔からオークス二着のピュアブリーゼを出したもののその後の産駒は尻すぼみ。父マンハッタンカフェはかつてのリーディングサイアーだが既にこの世に無く本年度がラストプロップ。
 歩様は特筆する程では無いが極端に目立った缺点は無し。一般で行けるなら行ってみたい。


42. スカイディーバの16
父: ディープインパクト × 母: スカイディーバ (BMS: Sky Mesa)
募集総額 :10,000万円
1口出資額:250,000円

 母はアメリカでダートのGI勝ち、ジュヴナイルフィリーズ三着。
 初仔の全兄はセレクトセールで二億五千で落札されるも未出走引退。ステイゴールド産駒の半姉は三戦未勝利。
 馬体・歩様ともに今年のディープインパクト産駒の中でも上位の存在に見えるがきょうだいの実績からしてあまり強気になれないところ。悩ましい。


43. チェリーコレクトの16
父: ディープインパクト × 母: チェリーコレクト (BMS: Oratorio)
募集総額 :5,600万円
1口出資額:140,000円

 全姉ダノングレースは先月札幌でデビュー勝ち。
 本馬も馬体は形サイズともに良好。脚さばきも軽やかで好印象。本年度のディープ産駒の中では一番良く見えました。


44. ココシュニックの16
父: ディープインパクト × 母: ココシュニック (BMS:クロフネ)
募集総額 :5,600万円 
1口出資額:140,000円

 全兄ステファノスは重賞勝ちで天皇賞・秋二着。ただ、それ以外の産駒には目立った活躍馬は無し。ただ、それらはいずれもディープ以外の産駒なのでディープに戻った本馬はまた期待が出来るかもしれない。
 歩様はキビキビとした動きで好印象。ディープ牝馬ならこの仔かチェリーコレクトに行きたい。


46. ハープスターの16
 父: キングカメハメハ × 母: ハープスター (BMS: ディープインパクト)
募集総額 :7,000万円
1口出資額:175,000円

 クラブ出身で桜花賞に勝った母の初仔。
 特に出資者にとっては待望の産駒だったのだろうがかなり小さく出てしまった。400キロを切る馬体重は減点材料。
 歩様も動き自体は悪く無いものの後肢に違和感がありやや不安。
 あまり積極的には狙いたくない感じだけど、それでも人気するのだろうか?


47. アビラの16
父: ハーツクライ × 母: アビラ (BMS: ロックオブジブラルタル)
募集総額 :4,000万円
1口出資額:100,000円

 半兄にエルムステークス勝ちのジェベルムーサ。ジェベルムーサは一貫してダートを使われているが父がハーツクライに変わった本馬は見た目からしても芝のクラシックに向いてそう。
 ただ後肢の動きに違和感があってマイナス材料。


48. アナアメリカーナの16
父: ハーツクライ × 母: アナアメリカーナ (BMS: American Post)
募集総額 :2,800万円
1口出資額:70,000円

 母はGIサンタラリ賞三着で初仔からニュージーランドトロフィー二着のメイソンジュニアを輩出。本馬は二番仔。
 他のハーツ産駒がいずれも歩様に違和感があるなかでこの仔だけは動きに好印象。ハーツ産駒ならこの仔に出資したい。


49. ピュアブリーゼの16
父: ハーツクライ × 母: ピュアブリーゼ (BMS: Monsun)
募集総額 :2,400万円
1口出資額:60,000円

 母ピュアブリーゼはオークス二着。
 父ハーツクライ母父モンズーンと字面だけで非常に重そう。ブランドフォード系のモンズーンは母父として魅力的ではあるのだけれど……。
 この仔も後脚が内弧ぎみ。馬体もやや小さめ。


50. マルティンスタークの16
父: オルフェーヴル × 母: マルティンスターク (BMS:シンボリクリスエス)
募集総額 :3,600万円
1口出資額:90,000円

 母はJRA四勝で初仔のグリューヴァインが三勝を上げている。
 一つ上の全兄ショーンガウアーはまだ未デビューだが先日入厩した模様。
 左後肢の動きに違和感があるのが気がかり。
 

70. ブロードピークの16
父: スクリーンヒーロー × 母: ブロードピーク (BMS: ディープインパクト)
募集総額 :1,400万円
1口出資額:35,000円

 母はJRA一勝。本馬は三番仔だが上二頭はいずれもまだ未デビュー。
 馬体重が385kgとかなり小さい。馬体を見ても貧弱な印象で動き自体は悪くないものの歩様にも違和感。
 遅生まれとは言え危険要素満載でかなり怖い。


75. スサーナトウショウの16
父: ダノンシャンティ × 母: スサーナトウショウ (BMS: ロックオブジブラルタル)
募集総額 :1,600万円
1口出資額:40,000円

 母は未勝利馬で産駒も三頭がデビューしているがJRAではキューバンマンボが一勝を上げたのみと特筆できる点は無い。
 ただ、馬体・歩様は悪くなく値段も安いのでちょっとチャレンジしてみたくなる一頭。


78. ローズノーブルの16
父: ワークフォース × 母: ローズノーブル (BMS: ディープインパクト)
募集総額 :1,000万円
1口出資額:25,000円

 母ローズノーブルはJRA四勝で本馬が初仔。
 父は既に失格の烙印を押され再輸出済みのワークフォース。
 動きも鈍重で血統的にも馬体的にも特筆できる点は無いのですが非常に個人的な理由で特攻予定です。
 

有馬記念でマツリダゴッホが一着になり三連単で万馬券でしたが、その辺りの感想をblogにまとめていただければ嬉しいです。


それなんて罰ゲーム?


 と、私書箱を明けた途端、なんだか古傷を抉るような文章が現れたわけですが、そういうことならと有馬記念の感想をば。

 結論から言えば一着に九番人気単勝五十倍の人気薄マツリダゴッホが来た事は渡しとしては何の問題も無かったんです。競馬用ブログの方にも書いてありますがこの馬は対抗に推していたので。三連単も馬連もマツリダゴッホがらみでかなり買っていました。
 が、問題だったのは二着に粘った五番人気ダイワスカーレット。
 「三歳牝馬が有馬で勝負になるわけが無い!」と考えていた私はこの馬を無視。が、たれろたれろと叫ぶ私をあざ笑うかのようにダイワスカーレットは二着を確保。この時点で私の馬券のほとんどはパーとなりました。唯一当たったのはマツリダゴッホから総流ししていた馬連のみ。一応こちらも万馬券ですが勿論マイナスです。
 三連単のオッズを見た時はかなり後悔しました。この組み合わせで八千倍も着くなら無理にダイワスカーレットを切る事無かったんじゃないか、と。マツリダゴッホは前から追い続けていた馬だったのですんなりと買えたんですよね。今回は得意の中山だし穴ならこの馬じゃないかと。それだけに人気していたダイワスカーレットが拾えなかったのは痛すぎました。思えばダイワスカーレットがらみでいい思い出が無いんですが、今年のG1。単に毎回切っているからなんですが。
 ぶっちゃけ今年のG1勝ち馬の事ほとんど見てなかったんですよね。誰がこようがダイワスカーレットがたれなければ私は駄目だったので。そういった意味で私的にはちょっと勿体無い今年の有馬記念でした。
第三七回高松宮記念(G1)
一着△8番スズカフェニックス
二着◎17番ペールギュント
三着○11番プリサイスマシーン
四着 4番ビーナスライン
五着▲16番オレハマッテルゼ

馬連
8-17   40,240円
馬単
8-17   52,980円
三連複
8-11-17  69,690円
三連単
8-17-11  546,450円

 馬連はペールギュントから流していたので取ったもののボックスで買った三連単はマイネルスケルツィと迷った末にスズカフェニックスは除外。万馬券を取ったのに泣きたくなりました。
 目の前まで来ていた五十万馬券が……。やっぱり豊には逆らうべきではないのですね。

 最後に、馬券を買った事のある方にだけ非常に心に染み入る川柳を一つ。

「武豊 嗚呼武豊 武豊」
 
JC
 こんな事を言っていたのも今は昔。まさかJCがこんな少頭数になるなんて予想していませんでした。外国馬二頭て……。

過去五年間の本命馬とその成績
01年テイエムオペラオー 1人2着
02年ゴーラン      6人7着
03年タップダンスシチー 4人1着
04年デルタブルース   7人3着
05年タップダンスシチー 7人10着

 それでもまあ、初志貫徹と言う事で馬券はヴィジャボードから。なんか予想よりもかなり人気しているのが不安ですが。あと、フリードニア、コスモバルク、あたりを厚めに。
 もうディープが負ければなんでもいいです(ぇ
 別に物言わぬ馬を嫌いになったりはしないんですが、どうにも周りが騒ぎ立てる所為で好感を持てないんですよね。我ながら天邪鬼な事です。
JCD
「平安ステークスの出馬表です」

 と言われても違和感無いような今年のジャパンカップダート。カネヒキリもアジュディミツオーも外国馬もいないんじゃなあ……。このレースの存在意義そのものに疑問が沸いてしまいそうです。

過去五年間の本命馬とその成績
01年クロフネ      1人1着
02年スマートボーイ   12人7着
03年リージェントブラフ 14人8着
04年クーリンガー    12人7着
05年スターキングマン  13人3着

 なんか妙に大穴狙いしていますね……。
 今年はあまり買う気ないんですが本命は一応ピットファイターで。馬がどうこういうではなく、世界№1ジョッキーに賭けてみようと思います。ピットファイターからメイショウバトラー、オースミヘネシー、サンライズバッカス、ハードクリスタル辺りへ流してみます。
 まあ、本番は明日ですから……。
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR