【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ 『フユウソ -Snow World End-』を応援しています! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

甘園ぼ ~二人だけのヒミツの遊び~
OHP
批評空間の点数:85点


 『ぼ』シリーズ三作目の本作。大まかな作品のデザインは過去二作と同じでヒロイン三人プラスハーレムルートのミドルプライス、作品となっています。

 ジャンルとしても過去二作と同様ロリ系抜きゲーに分類されると思いますが、過去作との相違点としては今作は舞台が遊園地という事で屋外プレイが豊富。また、最初の内はきぐるみをかぶり主人公と分からない状態でヒロインに『いたずら』をします。そのため過去作よりやや人を選ぶ作品かもしれません。

 シナリオに関してはライターが多い所為かとにかくルート毎の出来の差が激しいのが印象的でした。


 ゆりルートに関しては文句なしと言って良い出来でした。
 さすがセンターヒロインとでも言うべきなのか、共通ルートで語られる主人公の都会への旅立ちやそこでの挫折、自らの想い等のシナリオは全てこのゆりルートへと繋がり伏線として回収されている感があります。
 いわばこのゆりルートこそが甘園ぼのメインストーリーであり、他二人のヒロインのルートは枝葉であるとすら言ってしまえる内容になっています。
 グランドルートやルートロック等を使う事によってセンターヒロインとそれ以外のヒロインの差別化を図る作品は数多くありますが、そうではなくシナリオの内容によって言外にセンターヒロインである事を明示するやり方はある意味非常にスマートなやり方であると言えます。
 内容自体もセンターヒロインと呼ぶに相応しい出来で、ヒロインの仕草や主人公に対する想い等の細かな部分の描写のテキストが非常に優れている印象。ストーリーの山場も先に述べた主人公の過去がメインになっているのでプレイヤーに過度のストレスを与えず物語が上品且つ綺麗に纏まっている印象を受けます。
 あと、小さいところですがこのルートだけ過去作のBGMを作中で使っていたのも印象的。こういう過去作のプレイヤーに訴えかけるやり方は良いですね。
 ゆりに関してはヒロインの魅力もストーリーの爽快感もテキストの出来も文句なし、の一言でした。抜きげとしてだけではなく純愛作品としても楽しめる出来。このルートをプレイ出来ただけで甘園ぼを買ってよかったと、そう思える出来になっています。


 ひまわりルートは、今までの『ぼ』シリーズ作品と一番合致していたシナリオ、という印象を受けました。言うなればこういうシナリオを期待して甘園ぼを買った、と言えます。
 私は最初にプレイしたのがこのひまわりルートだったのですが、他の作品でありがち、且つ個人的に大嫌いな『ヒロインの下着がいつも一緒』『個別シナリオに入ると他のヒロインが出てこなくなる』『終盤唐突に始まるクソシリアス』といった不満点の全てが解消されていてプレイしていて非常に気分が良かったです。
 シナリオに関しては良くも悪くも平凡な出来ですが、だからこそヒロインの魅力が十全に堪能できて好印象でした。おっとりぽやぽやしているけど、時折大人びた顔も魅せるロリ巨乳ヒロインという魅力的なヒロインを存分に魅せる事に成功したシナリオだったとも言えます。
 唯一残念だったのが、ライター間できちんと意思の疎通が出来ていなかったと思わしき点。同じようなイベントが繰り返し発生して最初どういう事なのか上手く状況を把握出来なかったりしました。この辺はライターではなくディレクターの問題点なのでしょうね。


 さて、ゆりとひまわりの二人に関しては上記の通りほぼなんの不満も無い非常に優れた出来だったのですが、問題は最後の一人であるすみれ。このルートは悪い意味で甘園ぼはおろかシリーズ三作品の中でも突出した出来でした。
 このルート、とにかくライターが設定を無視して好き放題勝手気ままに書いた印象です。途中でライターが逃げて代わりの人間が設定も読まずに極短期間で仕上げたのでしょうか?
 まあ、好き放題書いても面白ければそれで良いんでしょうがとにかくこれが全く面白くない。
 極控え目にデタラメと言って良い内容だったと思います。なんというか、最初に設定読まずにシナリオを書き上げて後になってから強引にシナリオに設定に当てはめていったような不自然さを感じる内容でした。
 一番(悪い意味で)印象的だったのがすみれの父親の存在。
 共通ルートでも彼は地方公務員かそれに類する人間である事が示唆されており、すみれルート内でも『町の役員』であるという描写があります。で、その彼は娘に遊園地で遊ぶ事を禁止するのですが、娘のの行動に不信感を抱き、部下を使って娘を監視するという行動に出ます。

 ライターは公務員を一体なんだと思っているんでしょうか。

 役場に勤める地方公務員がどんなに上の立場に居たとしても部下を私的なそれも娘の監視なんて理由で使えるわけがありません。少なくとも日本では。もしかしてライター、日本語が書ける外国人か何かで日本の公務員の事情には詳しくないんでしょうか?
 また、すみれの家は豪邸で家政婦が複数いるという設定になっています。これも地方公務員も給料ではほとんどありえない状況です。公務員どころか政治家だったとしてもこんな寂れた地方都市と思しき地区の議員では不可能なんじゃないでしょうか。それともすみれの父親は暴力団か何かと繋がっていて給料とは別の資金源でもあるんでしょうか。娘の監視に使っていた部下とは役場の部下ではなく暴力団員の部下だったとでも言うのでしょうか。
 これ、すみれの父親は地方公務員であるという設定を知らずにシナリオ書いていたとしか思えません。当初のシナリオではすみれの父親はそれこそ大会社の社長か大物政治家なにかだったのではないでしょうか。それを後から地方公務員であるという設定がある事を知って強引にシナリオを書き換えたと考えればわりとしっくりと来ます。

 このように設定だけでも馬鹿らしいのですがシナリオ展開もそれに輪をかけて馬鹿らしいのがすみれルートの救われない点。
先のようにすみれは作中で父親から遊園地で遊ぶ事を禁止されていて監視まで付けられます。そして監視されている事に本人達も薄々気づいて警戒する描写まであるのですが、なぜかその状況で主人公はヒロインを自宅まで連れていきあまつさえそのままヒロインの部屋でセックスに及びます。お前ら馬鹿なのか。
 知能指数どのくらいまで下がればその状況でその行動に及ぶのか教えて欲しいです。父親を警戒どころか挑発してるやん。
で、結果としてその日の行動が原因で父親に遊園地で遊んでいた事とか主人公の存在とか色々バレるんですが、自業自得過ぎてただただため息しか出てきませんでした。その後色々あって父親と娘&主人公は和解するわけですが茶番劇以外の感想なんて何一つ浮かびませんよこれ。

 複数ライターなのである程度は仕方ないとは言え、これだけ技量の差があるライターが混在していると辛い物があります。ひまわりルートは期待通り、ゆりルートは期待以上の出来だっただけに尚更すみれルートの惨状が残念で仕方ありあませんでした。ヒロイン自体は魅力的だっただけに尚更。

 ハーレムルートはこれもシリーズの定番。なのですが、過去作と比べるとボリュームの面でもクオリティの面でも大幅に劣化している印象でこれも残念でした。
 ハーレムルートのある作品自体近年では少なめなのでハーレムルート好きとしてはあっただけでも感謝はしたくなるのですが、期待していた物が大きかっただけに不満が残った事は否めません。


 全体としては既に述べたようにすみれルートでの不満が大きかったのですが他のルートはいずれも平均以上の出来だったし、トータルで考えれば十分に満足のいく作品ではありました。
 次回作、出るのかわかりませんが出るのならまた大いに期待したいところではあります。勿論、すみれルートみたいなのはもう簡便ですが……。
――たいへんよくできました――

お兄ちゃん、朝までずっとギュッてして!
 相も変わらず高値安定なお兄ちゃんシリーズ最新作。目新しい部分は無いけど期待にはきっちり応えてくれる名作。

エロいもサイクロン!
 やや尻切れトンボな感はあるけどロープライスだから致し方ない部分はあるか。
 キャラは立ってるしHシーンも頑張ってるしストーリー的にもおかしな所は無いして手堅く纏まってる。

甘園ぼ ~二人だけのヒミツの遊び~
 ヒロイン三人のミドルプライスゲー。ヒロイン三人プラスハーレムルートとボリュームもそれなり。
 ひまわりルートは文句なく、ゆりルートは拍手喝采の出来だけど惜しいかなすみれルートは絶望的に酷い出来。複数ライターの弊害がもろに出た格好。ゆりルートさえなければ文句なしに今年ナンバーワン作品と評価していた出来でした。

エロいもハリケーン!
 手堅い作りのハイテンション抜きゲー。ロープライスだけあって無駄な部分を省いてきっちり作られている印象。
 一応ヒロイン二人だけど、メインヒロインはことり一人と言って良い偏り方だったのは残念。

なつえっち2 ~ふたごといなかのなつやすみ~
 田舎で姉妹とセックス三昧。ロリ巨乳って良いよね。前作であったNTR要素は排除されとっつきやすい作品に仕上がってる印象。
 主人公がわりと気持ち悪いのだけが気になった。

かりぐらし恋愛
 ヒロイン全員幼馴染でそれぞれキャラ立ってて良いですね。特にほのかにヤンデレ漂わせてる理兎が良かったです。
 ただ、アサプロにしてはギャグ成分控え目。変顔枠と思われていたひよりが完全に母親に食われていたのは良かったのか悪かったのか。

――楽しめました――

その大樹は魔界を喰らう!
 SLG部分は最近のキャラにしては大分まともな方。ほとんど全てのステータス・ユニットを引き継げるので周回にストレスが少ないのは好印象。
 ルートによってラスボスが変化するのは凝っていてよかったと思います。エロゲだとこの辺特に手抜きな作品が多いので。
 Hシーンに関しては主人公が淫魔という設定の割に過去作に比べて質量ともにかなり劣化していて残念。

きゃらぶれーしょん! ~乙女は恋してキャラぶれる~
 ヒロインは良くも悪くもキャラが立っていて印象的。個別ルート終盤まで他のヒロインが神隠しに合わず活躍するのも好印象。
 ただ、シリアスイベントが基本つまらないのと女装主人公物なのにHシーンでの女装が極端に少ないのは大きなマイナス。なんのための女装主人公だよ。

――それなり――

フタナリ彼女矯正生活 ~あたしのミルク、アナタに絞りとって欲しいっ~
 前作に比べるとヒロインが年取った&サブヒロインが居ないのが残念。全体的なクオリティとしては進化してると思いますが。

まおてん
 今年一番竜頭蛇尾だと感じた作品。終盤のシナリオはただただつまらなかった。
 ヒロインはサブも含めてみんな魅力的だっただけにそっちの描写にもっと力を入れてほしかったなあ。

わんこの嫁入り ~ようこそ!いぬのしっぽへ~
 毒にも薬にもならない感じの作品。全体的にクオリティは高いとは言えないけど、大きな缺点も無いのでストレスはあまり感じませんでした。

――語る価値無し――

こねこねこねこ
 絵は良かったんじゃね?


購入作品をわりと絞るようになったお蔭でクソゲーに当たる確率が大分減りましたね。
やっぱエロゲは発売日に買うものじゃないですね。


 という事で今年のキャロットでも出資馬はジャッキーテーストの2017とシシリアンブリーズの2017の二頭となりました。
 ゼマティスの2017は動画で一番動きが良く見え、クロノロジストの2017は半姉が直前に重賞制覇していただけに欲しかったんですが残念ながら運がありませんでした。特にゼマティスは無風で取れると思っていたんですが予想以上に人気してましたね。失敗の烙印押されかけてるノヴェリスト産駒なのに……。

以下備忘録として今年の募集馬のうち良く見えた馬と悪く見えた馬を。

良く見えた馬

1.レインデートの2017
23.コケレールの2017
26.クロノロジストの2017
29.マルティンスタークの2017
35.ゼマティスの2017
42.レディドーヴィルの2017
44.シンハリーズの2017
48.ヒストリックスターの2017
49.シーザリオの2017
70.イストワールの2017
79.ピースアンドウォーの2017

悪く見えた馬

2.ミュージカルロマンスの2017
4.サミターの2017
5.アディクティドの2017
6.ポロンナルワの2017
10.エクレールアンジュの2017
11.フロアクラフトの2017
12.クルミナルの2017
13.リッチダンサーの2017
14.クルソラの2017
15.ウィーミスフランキーの2017
16.シーディドアラバイの2017
21.キューの2017
25.ドルチェリモーネの2017
27.ラドラーダの2017
28.イグジビットワンの2017
31.ヒカルアモーレの2017
32.ユールフェストの2017
36.カロンセギュールの2017
37.レインオアシャインの2017
40.パシフィックリムの2017
46.ディアマイベイビーの2017
50.グランデアモーレの2017
52.リリサイドの2017
55.フォンタネリーチェの2017
56.リトルディッパーの2017
57.ピューリティーの2017
60.アヴェンチュラの2017
63.ストールンハートの2017
66.プリンセスカメリアの2017
71.ヴェラブランカの2017
72.ソラコマチの2017
73.カフヴァールの2017
77.スペクトロライトの2017








ee3e73dbfea9906e8e6a38dadeec499a.png


  という事でルミナスハッピーの17への出資が確定。キャロット、ノルマンディーに続いて3クラブ目となるサンデーレーシングへの入会が決定しました。


3d3e50a64d1249045ee5f1c9007713a9.png


 ルミナスハッピーの17、動画を見て一番動きが良いように感じて出資を決めたのですが父が新種牡馬のエピファネイアだったり、ロベルト系は牡馬に活躍馬が偏るケースが多かったりとわりと不安材料も色々。
 なんとか今後もサンデーRで出資を続けられる程度には活躍して欲しいものです。


 以下、2018年の募集馬に関する備忘録。と言っても大雑把に募集馬をABCの3ランクで評価しただけですが。

Aランク

104 ステファニーズキトゥンの17
105 シユーマの17
108 グルヴェイグの17
111 アスコルティの17
120 シュプリームギフトの17
120 シーズアタイガーの17
133 ハワイアンウインドの17
148 ドバイマジェスティの17
151 レーヴディソールの17
152 ドナウブルーの17
153 タンザナイトの17
156 サングレアルの17
172 ルミナスハッピーの17
184 ダストアンドダイヤモンズの17

Bランク

103 スターダムバウンドの17
106 ブエナビスタの17
109 デグラーティアの17
110 エセンテペの17
113 イリュミナンスの17
114 スピードリッパーの17
122 リビングプルーフの17
123 リビアーモの17
127 エレインの17
129 アロマティコの17
134 ペンテシレイアの17
136 グルーヴィクイーンの17
139 リリウムの17
142 ジェダイトの17
143 外)ピースバーグの17
145 アメリの17
147 プラウドスペルの17
149 スターアイルの17
154 シルヴァースカヤの17
155 アドマイヤテレサの17
158 インナーアージの17
159 ライラックスアンドレースの17
161 プンタステラの17
166 クッカーニャの17
167 ナスカの17
168 フレンチバレリーナの17
171 アナスタシアブルーの17
174 コナブリュワーズの17
175 ダークサファイアの17
179 ラテアートの17
181 ヴィヴィッドカラーの17
182 サンウィルシャインの17
183 シーズインポッシブルの17
185 スターズアンドクラウズの17

Cランク

101 タピッツフライの17
102 ジョコンダⅡの17
107 ピュアチャプレットの17
112 ラルナデミエルの17
116 ローザブランカの17
117 オールピュールの17
118 ワンダーレディアンエルの17
119 ピクシーホロウの17
121 モルガナイトの17
124 レネットグルーヴの17
125 ロッシェノワールの17
126 ジュエルオブザナイトの17
128 アイスフォーリスの17
130 ジョシュズマデリンの17
131 ゴレラの17
132 シークレットルームの17
135 アルスノヴァの17
137 ヴァンフレーシュの17
140 ピーチブローフィズの17
141 チャーチクワイアの17
144 スウィートリーズンの17
146 ハヤランダの17
150 スキッフルの17
162 トゥーピーの17
164 ラルシュドールの17
165 アンブロワーズの17
169 マイスフォルテの17
170 リュヌドールの17
173 ヴァリディオルの17
180 インダクティの17
久しぶりにワンフェスに参加してきたので、会場で撮った写真を幾つか。
 今回物販の為に会場を端から端まで往復したり初っ端から福袋買って荷物がくっそ重かったりしかもその福袋が超鬱袋だったりで心身ともに披露していてあまり撮影出来ませんでしたが……。




 戦利品としては商業フィギュア数点の他に、ねこみんとさん(@nek0m1nt)のネロ・クラウディウスとMA-SAさん(@MA_SA_tw)はまいてつキャラ全員分(ふかみ、ハチロク、凪、れいな、真闇、日々姫)を購入しました。後者は上にも画像のあるやつです。前者も写真採ったので部がピントがずれてしまう不始末……。


 今回はダイレクトパスで入場したのですが、時期が時期だけにそれでも寒くて待機する時間が結構大変でしたね。それでも夏よりはマシだと思いますがこの辺の感覚は個人によるでしょうか。
 また、以前参加した時に比べ非常に参加者も増えていた印象。特に人気のある商業ブースは行列が凄くて一部見学を諦めました。具体的にはネイティブブース。なんだかんだでエロは強い。今回は物販を優先したのが仇となってしまいました。見学するのならダイレクトパスで入場して初っ端に入るのが良さそう。
 今回ちょっと気になったのが会場内の配送業者が聞き慣れないプラスカーゴサービスというところに変更になっていた事。業者の態度が非常に悪く驚いたのですが、調べた所非常に評判の悪い会社らしく変に納得してしまいました。過去には紛失事件等も起こしているらしくちょっと怖いですね。なんでこんな評判が悪い業者が入っているのか不思議ですが、クロネコ等の大手に断られてしまったのでしょうか?ワンフェスの性質上運搬がコミケなどより大変でしょうし。

 ワンフェスは体力勝負だという事を実感した今回。購入優先順位の一位三位と二位がそれぞれ会場の両端で販売されていたためだだっ広い会場内を思い荷物をぶら下げて何度も往復する羽目になったのは中々に疲れました。ただ、疲れはしましたが会場の雰囲気は十分に楽しめたのでまた機会があれば参加したいですね。
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR