【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ 『フユウソ -Snow World End-』を応援しています! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや 自殺という私小説 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
 最近またいじめについてのニュースがワイドショーを賑わせていますが、痛々しくて見ていられません。馬鹿な親達が。

 責任転嫁したい気持ちはよく分かりますが「学校は気付かなかったのか? ちゃんと対応したのか?」って……。いや、お前達は気付かなかったのかよと。
 教師なんてだってただのサラリーマンなのに一体何を期待しているのかと。ただでさえ日本の教師なんて就職に失敗した落ちこぼれとかドラマ見てその気になった教育馬鹿とかそこはかとない野望を持った人間とかばかりなんですから。
 実の親が気付かなかったのに、赤の他人が気付く訳ないですよ。実際の所、いじめによる自殺の原因なんて、本人と親が九割以上占めていると思います。周りの人間どうこうより。東京でいじめられた奴は名古屋行っても大阪行ってもいじめられるに決まっています。

 しかしいじめられたから自殺するというのは、見ていて非常につまらない死に方ですね。私は自殺に関しては「死にたければ勝手に死ねばいい」というスタンスなんですが、同じ自殺するにしてももう少し叙情的、詩的な理由で自殺すればいいのにと思います。そう、例えばこのような。


「ぼくは、母さんの遺品の指輪をはめて自慰するときしか、勃起しませんでした。あの、つめたい金属の指輪がぼくのとこすりあってしだいに熱くなってくるとき、ぼくは母さんと一緒になっているように感じました。お母さん、ぼくはあの大切な指輪を今日、失くしてしまいました。すみませんでした。もう生きているたのしみもないので、お母さんのところに行きます。学校のみなさん、いろいろとありがとうございました」
この記事へのコメント
無題
いじめられて自殺するようなガキに将来性を見い出せないので、ニートとかになって一生寄生されるより自殺してくれたほうがよっぽど親としてはいいんじゃないかと思います。
もし学校訴えてがっつりお金貰えたなら、ある意味親孝行な死にかたですね。


親になったら考え方が変わるんでしょうか?
ケミカルボゥイ 2006/10/17 22:50 編集
無題
確かに、親は被害者ヅラしてでかい顔出来ますからね。弱者の強みで。
そういう考え方はありかと。親になってないのでわかりませんが。
管理人 2006/10/18 00:32 編集
無題
そこはかとない野望ですか…。やっぱり教師にはロリコンが多いんでしょうかね?
タンゴ 2006/10/18 06:32 編集
無題
叙情的な理由の例、面白いですね(笑)
なんというか最近の自殺は、理由に面白みが欠けてますよね。
まあ死ぬのにウケ狙っても仕方ないですが。
ガイガン 2006/10/18 15:17 編集
無題
いじめ程度で自殺出来るような人生は送りたくないですね。
そんなつまらない人生しか送れない人は、自殺したほうがいいのかも知れませんね。
死んだ後にいろんな人に同情されますから。
ZGS 2006/10/18 16:00 編集
無題
>タンゴさん
私の母校には教え子の小学生をレイプしてたのが二人ほど……。ロリよりもショタの方が多い気もしますが(笑)

ガイカンさん
>みんな些細な事で死んじゃってますからね。些細過ぎて逆に滑稽に思えたりもしますが。

ZGSさん
>いじめで自殺する人って視野狭窄なんじゃないかと思います。もっと世界を広く見れたら自殺なんてしないでもすむんじゃないかと。もったいない。
管理人 2006/10/19 00:46 編集
無題
カオスな小学校ですな。ま、ロリの気持ちは分からんでもないです。男だからショタはシラネ。
タンゴ 2006/10/19 02:09 編集
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL
コメント:
パスワード:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック :
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR