【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ 『フユウソ -Snow World End-』を応援しています! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや レビュー「甘園ぼ ~二人だけのヒミツの遊び~」 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

甘園ぼ ~二人だけのヒミツの遊び~
OHP
批評空間の点数:85点


 『ぼ』シリーズ三作目の本作。大まかな作品のデザインは過去二作と同じでヒロイン三人プラスハーレムルートのミドルプライス、作品となっています。

 ジャンルとしても過去二作と同様ロリ系抜きゲーに分類されると思いますが、過去作との相違点としては今作は舞台が遊園地という事で屋外プレイが豊富。また、最初の内はきぐるみをかぶり主人公と分からない状態でヒロインに『いたずら』をします。そのため過去作よりやや人を選ぶ作品かもしれません。

 シナリオに関してはライターが多い所為かとにかくルート毎の出来の差が激しいのが印象的でした。


 ゆりルートに関しては文句なしと言って良い出来でした。
 さすがセンターヒロインとでも言うべきなのか、共通ルートで語られる主人公の都会への旅立ちやそこでの挫折、自らの想い等のシナリオは全てこのゆりルートへと繋がり伏線として回収されている感があります。
 いわばこのゆりルートこそが甘園ぼのメインストーリーであり、他二人のヒロインのルートは枝葉であるとすら言ってしまえる内容になっています。
 グランドルートやルートロック等を使う事によってセンターヒロインとそれ以外のヒロインの差別化を図る作品は数多くありますが、そうではなくシナリオの内容によって言外にセンターヒロインである事を明示するやり方はある意味非常にスマートなやり方であると言えます。
 内容自体もセンターヒロインと呼ぶに相応しい出来で、ヒロインの仕草や主人公に対する想い等の細かな部分の描写のテキストが非常に優れている印象。ストーリーの山場も先に述べた主人公の過去がメインになっているのでプレイヤーに過度のストレスを与えず物語が上品且つ綺麗に纏まっている印象を受けます。
 あと、小さいところですがこのルートだけ過去作のBGMを作中で使っていたのも印象的。こういう過去作のプレイヤーに訴えかけるやり方は良いですね。
 ゆりに関してはヒロインの魅力もストーリーの爽快感もテキストの出来も文句なし、の一言でした。抜きげとしてだけではなく純愛作品としても楽しめる出来。このルートをプレイ出来ただけで甘園ぼを買ってよかったと、そう思える出来になっています。


 ひまわりルートは、今までの『ぼ』シリーズ作品と一番合致していたシナリオ、という印象を受けました。言うなればこういうシナリオを期待して甘園ぼを買った、と言えます。
 私は最初にプレイしたのがこのひまわりルートだったのですが、他の作品でありがち、且つ個人的に大嫌いな『ヒロインの下着がいつも一緒』『個別シナリオに入ると他のヒロインが出てこなくなる』『終盤唐突に始まるクソシリアス』といった不満点の全てが解消されていてプレイしていて非常に気分が良かったです。
 シナリオに関しては良くも悪くも平凡な出来ですが、だからこそヒロインの魅力が十全に堪能できて好印象でした。おっとりぽやぽやしているけど、時折大人びた顔も魅せるロリ巨乳ヒロインという魅力的なヒロインを存分に魅せる事に成功したシナリオだったとも言えます。
 唯一残念だったのが、ライター間できちんと意思の疎通が出来ていなかったと思わしき点。同じようなイベントが繰り返し発生して最初どういう事なのか上手く状況を把握出来なかったりしました。この辺はライターではなくディレクターの問題点なのでしょうね。


 さて、ゆりとひまわりの二人に関しては上記の通りほぼなんの不満も無い非常に優れた出来だったのですが、問題は最後の一人であるすみれ。このルートは悪い意味で甘園ぼはおろかシリーズ三作品の中でも突出した出来でした。
 このルート、とにかくライターが設定を無視して好き放題勝手気ままに書いた印象です。途中でライターが逃げて代わりの人間が設定も読まずに極短期間で仕上げたのでしょうか?
 まあ、好き放題書いても面白ければそれで良いんでしょうがとにかくこれが全く面白くない。
 極控え目にデタラメと言って良い内容だったと思います。なんというか、最初に設定読まずにシナリオを書き上げて後になってから強引にシナリオに設定に当てはめていったような不自然さを感じる内容でした。
 一番(悪い意味で)印象的だったのがすみれの父親の存在。
 共通ルートでも彼は地方公務員かそれに類する人間である事が示唆されており、すみれルート内でも『町の役員』であるという描写があります。で、その彼は娘に遊園地で遊ぶ事を禁止するのですが、娘のの行動に不信感を抱き、部下を使って娘を監視するという行動に出ます。

 ライターは公務員を一体なんだと思っているんでしょうか。

 役場に勤める地方公務員がどんなに上の立場に居たとしても部下を私的なそれも娘の監視なんて理由で使えるわけがありません。少なくとも日本では。もしかしてライター、日本語が書ける外国人か何かで日本の公務員の事情には詳しくないんでしょうか?
 また、すみれの家は豪邸で家政婦が複数いるという設定になっています。これも地方公務員も給料ではほとんどありえない状況です。公務員どころか政治家だったとしてもこんな寂れた地方都市と思しき地区の議員では不可能なんじゃないでしょうか。それともすみれの父親は暴力団か何かと繋がっていて給料とは別の資金源でもあるんでしょうか。娘の監視に使っていた部下とは役場の部下ではなく暴力団員の部下だったとでも言うのでしょうか。
 これ、すみれの父親は地方公務員であるという設定を知らずにシナリオ書いていたとしか思えません。当初のシナリオではすみれの父親はそれこそ大会社の社長か大物政治家なにかだったのではないでしょうか。それを後から地方公務員であるという設定がある事を知って強引にシナリオを書き換えたと考えればわりとしっくりと来ます。

 このように設定だけでも馬鹿らしいのですがシナリオ展開もそれに輪をかけて馬鹿らしいのがすみれルートの救われない点。
先のようにすみれは作中で父親から遊園地で遊ぶ事を禁止されていて監視まで付けられます。そして監視されている事に本人達も薄々気づいて警戒する描写まであるのですが、なぜかその状況で主人公はヒロインを自宅まで連れていきあまつさえそのままヒロインの部屋でセックスに及びます。お前ら馬鹿なのか。
 知能指数どのくらいまで下がればその状況でその行動に及ぶのか教えて欲しいです。父親を警戒どころか挑発してるやん。
で、結果としてその日の行動が原因で父親に遊園地で遊んでいた事とか主人公の存在とか色々バレるんですが、自業自得過ぎてただただため息しか出てきませんでした。その後色々あって父親と娘&主人公は和解するわけですが茶番劇以外の感想なんて何一つ浮かびませんよこれ。

 複数ライターなのである程度は仕方ないとは言え、これだけ技量の差があるライターが混在していると辛い物があります。ひまわりルートは期待通り、ゆりルートは期待以上の出来だっただけに尚更すみれルートの惨状が残念で仕方ありあませんでした。ヒロイン自体は魅力的だっただけに尚更。

 ハーレムルートはこれもシリーズの定番。なのですが、過去作と比べるとボリュームの面でもクオリティの面でも大幅に劣化している印象でこれも残念でした。
 ハーレムルートのある作品自体近年では少なめなのでハーレムルート好きとしてはあっただけでも感謝はしたくなるのですが、期待していた物が大きかっただけに不満が残った事は否めません。


 全体としては既に述べたようにすみれルートでの不満が大きかったのですが他のルートはいずれも平均以上の出来だったし、トータルで考えれば十分に満足のいく作品ではありました。
 次回作、出るのかわかりませんが出るのならまた大いに期待したいところではあります。勿論、すみれルートみたいなのはもう簡便ですが……。
この記事へのコメント
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL
コメント:
パスワード:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR