【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ ユニゾンシフト『あなたに恋する恋愛ルセット』応援中! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや レビュー「らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE!」 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE!らぶおぶ恋愛皇帝 of LOVE!
(2013/05/31)
Windows

商品詳細を見る
OHP
批評空間の点数:65点
以下ネタバレあり

 処女作という事もあってか非常に粗の目立つ作品でした。誤字脱字、CGとテキストの齟齬、背景の指定ミス等など。HシーンでCGでいきなりヒロインがオナホール持ってた時は何事かと。テキストにはオナホールのオの字も無かったのに。

 全体的に非常に癖の強さを感じさせる作品。
 印象に残ったのは唐突に出てくるポエムの多さ。会話中いきなり台詞がポエムチックになりそれを延々と朗読するシーンがやたら出てきます。
 連想したのはHELLSING、エレナの聖釘を使う直前のアンデルセン。アーカードとの問答中「俺はただの銃剣でいい……」といきなり口調がポエム調になりましたが、あれを長々と再三に渡って挿入させたのがこの作品。
 HELLSINGは短かったので気になりませんでしたがらぶおぶの場合あれが延々と繰り広げられるので少々うんざりしてしまいます。

 また、男性キャラの鬱陶しさも悪い意味で非常に印象に残りました。
 特にノゾエと中嶋の二人はあまりの鬱陶しさに直ぐ様音声オフにしたんですが出来れば存在丸ごと、せめて立ち絵だけでもオフに出来れば良かったのにと思わずにはいられません。
 男声で小汚い立ち絵の男の娘もどきと主人公のケツを追いかけ回すホモ。何が楽しくてこんな連中を登場させたのか理解に苦しみます。ストーリー上も必要性が全く感じられず、ただただストレスを感じるだけの存在でした。昨今の主人公の友人ポジションのキャラにはウザいだけの男が多いのですが、その中でもトップクラスにウザい二人でした。

 ポエムとウザい男キャラ。この二つが無駄に作品のハードルをあげていたような気がします。

以下、シナリオ毎の感想。

共通ルート
 序盤はギャグテイストが強くテンポよく話が進みます。テキストもわりあい上手く、桐谷華さんを筆頭に声優さん達の力演も相まって非常に楽しめました。
 結論から言えば、この序盤の共通ルートが一番おもしろかったです。各ヒロインのキャラも立ってたし、ヒロイン同士の掛け合いも非常に楽しいものでした。
 特にエリカは桐谷華さんの演技とキャラが抜群の相性。声を聞いているだけでも楽しかったです。それだけにこのキャラが共通ルートだけで終わってしまったのが残念でならなかったのですが……。
 疑問だったのはラストのルキナとのキスシーン。いや、キスをする事は全く問題ないんですが、そのキスが個別ルートに入るとほとんど無視されてしまっているというのは理解に苦しむ展開でした。
 否が応にもルキナとルートヒロインとの三角関係を期待していただけに肩透かし甚だしかったです。このシーン、ルキナルートに入れとけばよかったんじゃないんですかね?

ルキナルート
 多分一番メインのシナリオ。エンディングもルキナルートでしか流れませんしね。
 中盤以降の展開については首を傾げざるを得ないものでした。
 作中でも言及されていますが元々ルキナは秋人を手に入れるために会長になったのであり、秋人を手に入れた時点で目的を達成した事になります。なのに、秋人と恋人同士になった事によって会長としての職務に不具が生じたからと言ってそれを問題にするというのはどうしても納得のいかない展開でした。ルキナとしてはむしろ、秋人と付き合う事になった時点で会長を辞めるのが自然だと思っていたので。
 その後秋人から離れようとするルキナの思考はなんとか理由を附ける事が出来ますがどちらにせよ全然全力で恋してないですよね、と。そんな感想です。
 ノゾエとのやり取りはただただ馬鹿の一言でした。なんか感動させようとしているのはわかりましたが、馬鹿の一つ覚えで自分より強い相手に立ち向かっている秋人には嘲笑を浴びせる以外何も出来ない気がします。勝てないなら勝てるよう工夫しろと、頭を使えと。無闇矢鱈にボロボロになるために特攻していっても自己満足にしか見えないんですよね。なんて言ったら特攻の語源になった神風特別攻撃隊に失礼かも知れませんが。
 ただ、終盤のイサミの参戦は良かったですね。3Pが無かったのがどうしようもなく残念でしたが。
 最初からルキナと他のヒロインとの恋の鞘当てを主軸にお話を書けば何の文句も無かったんですが。序盤はエリカ、最後はイサミが恋のライバルになる感じで。折角全力で恋をすると言っているのですから。

スールート
 短い、ただ只管に短い。もうこの感想しか出て来ません。
 こんなに短いならわざわざルートを独立させずイサミと同様ルキナルートに突っ込んでおいても良かった気がします。それとも本来個別ルートがなかったヒロインに短いながらもルートが与えられたと喜ぶべきなのでしょうか?
 どうでもいいですが、ルキナって可愛いから色々許される気がしますが、もしブスだったらただのホラーですよね、こんな女に付きまとわれるとか。

千歳ルート
 スールート程ではないものの、これも短かった印象。
 既に書きましたが、Hシーンの際のテキストとCGの齟齬からくる違和感が半端無かったですね。オナホールの他にもいきなり目隠しプレイしていましたし。打ち合わせ不足かなんかなんでしょうか?
 そして何よりヒロインの千歳、思いっきりひよこことみおに食われてしまっている印象。もうダブルヒロインルートで良かったんじゃね?と。どう考えてもみおの方が目立っていましたし。てかむしろ何故3Pを入れない!?

ひかりルート
 ギ族の名に恥じないお話。単純にシナリオの出来だけで言えば一番良かったと思います。恋に落ちるまでがやや短くちょろい印象もありましたが……。
 純粋なイチャラブならこのシナリオがベストだったと思います。全シナリオこんな感じだったら評価も随分違っていたと思うのですが。

 エリカルート
 キャラクターはピカイチ。桐谷華さんの演技とキャラクターとのマッチ具合が半端ありませんでした。
 エリカの長年温めてきた想いは彼女のルートで知る事が出来るのですが、それだけに他のルートではあっさり諦めすぎじゃね?という印象が拭えません。これはルキナにも同じ事が言えるのですが。
 せめてルキナルートとエリカルートではもっと二人の三角関係を見てみたかったですね。
 特にルキナとは共通ルートでキスをしているわけで。エリカがそれに全く言及しないのはひどく不自然に感じました。
 また、OHPで公開されている複雑な表情をしたルキナをバックに新婦の記入欄が埋められ相合い傘でデカデカと「わたし・あんた」と落書きされた婚姻届をエリカが突きつけているCG。非常に想像力を喚起させられるもので本編での登場を待ち望んでいたのですがついに最後まで使われる事なく終わってしまってがっかり感が半端ありませんでした。落書きなしバージョンは使われていましたがそれも取ってつけたような使われ方でしたし。当初とはシナリオが変わってしまったのでしょうか?
 中盤のイチャラブバカップルぶりは非常に良かったのですが、それだけに後半はがっかり。ルキナルートと展開被りますし、何より主人公が馬鹿過ぎる。彼女放っておいてタンス担いでノゾエとバトルって馬鹿じゃなかったらどう表現しろと。なんか感動的な演出が用意されていましたが画面の前で只々白けるだけでした。ひたすらラストまでイチャラブしておけばそれで良かったのに、と。バカゲーなんだから無理にシリアス入れる必要無かったと思うのですが。
 あと、エロゲ主人公にありがちな朴念仁っぷりを発揮しておきながら、いざ初エッチの際には何処からともなくローション取り出して彼女の胸を足で踏むってどんな思考回路しとるねん。


 序盤が非常に面白かっただけに共通ルートの失速が非常に残念な作品でした。
 テキストは悪くないし、ギャグもそれなりに面白い。ヒロインも魅力的なので無理してシリアスなシナリオ入れない萌えゲー作れば良い物が出来るんじゃないかと思います。
 次回作に期待を残せる作品ではありました。
この記事へのコメント
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL
コメント:
パスワード:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20
22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR