【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ 『フユウソ -Snow World End-』を応援しています! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや 書籍レビュー「ゲリラ戦争」 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
革命の頭脳として、キューバ革命を勝利へと導いたエルネスト・チェッ・ゲバラ。彼が自らの経験を交えながら革命の戦い方について書いたゲリラ戦争の教科書とも言える一冊。
 ゲリラの基本戦術や組織論、生活信条などが具体的に書かれており、読み物としての面白さは殆ど無い。(そもそも著者がそのようなものを求めて居ないので当然ではあるのだが)ゲリラの具体的な戦い方に関しても、現在では兵器などの改良や世界情勢の変化に伴い殆ど用を成さないと思われる。しかし、それらとは別に本書に書かれているゲバラの考え方には頷かされるものが多々ある事も事実である。
 印象に残ったのは暗殺の否定。彼はその及予想される被害、相手組織に対する影響などから暗殺の有効性を否定している。実際、世界史を眺めてみると、彼の主張は非常に頷けるものである。無学で愚かなな一人の朝鮮人が伊藤博文を暗殺した事によって日韓併合は急加速し(併合反対派の重鎮を暗殺したのだから当然ではあるが)、一人のユダヤ人が起こしたドイツ大使暗殺未遂がユダヤ人に対する怨嗟の声を生み出し「クリスタル・ナハト」を現出させた。暗殺によって、意図したものとは全く逆の方向に歴史が動き出すことは決して珍しい事ではない。
 そしてもう一つ、一般市民を巻き揉むテロを否定していたゲバラだが、もし今のアメリカに対するイスラム世界のテロを目にする事があったなら、彼はいったい何を思ったのだろう?

「ゲリラ戦争」
著者:エルネスト・チェ・ゲバラ
この記事へのコメント
無題
ユダヤ人に対する怨嗟で思い出したんですが、ヒトラーはなんで虐殺したんでしょうかね?
タンゴ 2006/07/08 18:16 編集
無題
政治的理由からじゃないかと私は思いますね。別にユダヤ人に対する蔑視はヒトラーがゼロから生み出した訳じゃいですし、ユダヤ人と言う敵を作る事で国内を一体化させたかったんじゃないかと。印象だとどうしても個人的嫌悪からユダヤ人を毛嫌いしていたようには思えないです。
管理人 2006/07/09 07:46 編集
無題
やはり色々な考えがありますね。俺が通ってる学校の先生なんか、嫉妬心から虐殺に繋がったなんて言ってましたからね。まあそれはないだろうと思いますが。
タンゴ 2006/07/09 10:35 編集
無題
ヒトラーは国民の中にあったユダヤ人に対する不平不満を上手に扇動したんだと思います。と言っても、ブログにも書きましたがきっかけを作ったのはユダヤ人自身だったわけですが……。
管理人 2006/07/09 14:15 編集
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL
コメント:
パスワード:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック :
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR