【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ ユニゾンシフト『あなたに恋する恋愛ルセット』応援中! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや レビュー「絶対★妹原理主義!!」 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
 タイトル的にも内容的にも同ブランドの「絶対妹至上主義」の流れを組む作品と考えていいでしょう。原画等は入れ替わっていて接点は全くではないものの殆どありませんが。
 
 最初に一つ気になったのがCVの質の悪さ。
 と言っても声優さんが悪いわけではありません。恐らく録音したスタジオが悪かったのでしょう。一部声が割れていて非常に耳障りでした。こんな感想を持つ作品も珍しいです。コンフィグや塗りの陳腐さもあって非常に安っぽい印象を受ける作品でした。同人作品と言われても違和感なかったかもしれません。
 

 基本的にはただひたすらに妹に責められる作品。シナリオは取って附けたようなもので期待してはいけません。(する人もいないでしょうが)
 基本的に整合性などは二の次、というよりも無視していると言ったほうがいい感じです。キャラクターの性格等もその場その場で都合のいい風に描かれているので冷静に考えると不自然極まりないような箇所が多々あります。
 もともとその辺に期待するような作品ではないので問題ないのですが、それだけに後半のシリアス展開とか誰得としかいいようがありません。

 四姉妹それぞれにエンドが二つ用意されていて、クリア後にゆかな&ハーレムルートがおまけとして出現するというかたちですが、おまけの方は本当におまけといった分量。
 共通ルートでは四姉妹にそれぞれ順番に責められそれから個別ルートに分岐していく形ですが、個別ルートに入ってしまうとほかの姉妹との(主に性的な)接点がほぼ無くなってしまうのが残念でした。折角姉妹で兄を取り合って勝負するという形なのに、姉妹間での直接対決が描かれていないのか個人的には非常に残念でした。せっかくの四姉妹なのだから3Pとか4Pとかもっと色々やることがあるだろと。

 既に書いたように主人公は妹たちからほぼ責められっぱなしですが、ペニパンで妹に掘られたり、身動き取れない状態でハッテン場に放置されたりと結構過激なものもちらほら。またエンドのうちの片方はBADENDとも言うべきものでこちらも結構過激なものが多いです。ヤンデレやMが駄目という人は回避したほうがいいかもしれません。
 物語の流れなどを考えればむしろBADENDの方が綺麗に纏まっていて私としては評価したいところではあるのですが……。

 キャラクターに惹かれて購入した作品でしたが十分満足の行く作品でした。責められるのが好きな人は購入してもいいかもしれません。ただ、責めると言ってもそこまで過激ではなく人によっては物足りなさを感じてしまう可能性もある、中途半端な作品であることは否めませんが。


絶対★妹原理主義!!絶対★妹原理主義!!
(2010/10/29)
Windows

商品詳細を見る
この記事へのコメント
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL
コメント:
パスワード:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック :
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR