【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ 『フユウソ -Snow World End-』を応援しています! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや 学生運動していた連中の気持ちが少しだけわかった日 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
凌辱系エロゲー、製造・販売禁止へ
なんだうそか 凌辱系エロゲ禁止報道は「TBSの勇み足」だった

 なんか想像していたよりも大ごとになっているのですが……。公明党がそのあたり糞なのは知っていましたが自民党よ、お前もか。取り敢えず自民党は見限りました。というか、エロゲより女議員を規制しろと思う今日この頃。感情だけで理不尽な政治をやるゴミどもはみんな死ねばいいと思います。被選挙権が男だけに与えられていたのは正しかったのだという認識を改めて強くしました。
 取り敢えず凌辱ゲームの製造販売禁止というのはTBSの捏造だったと判明したものの、未だ予断を許さない状況には変わりありません。この先どうなるのか、口先だけの北朝鮮の宣戦布告よりよほど不安にさせてくれます。純粋な凌辱ゲームはほとんど買ったことがないのですが、多少の凌辱なら純愛系にもある上に法令化されたら定義が曖昧になって乱用された挙句次第に規制対象が広がっていく事確実です。どうしても他人事には思えません。

 しかし、これで次の選挙(売国)民主党と(二次規制)自民党どちらが勝っても喜べなくなりました。誰か日本人の為に政治をやって二次元を規制しない政党を作ってください(結構切実です)。

花と乙女に祝福を」「タユタマ-It’s happy days-」「@ふぉーむメイト」を回収。現在花と乙女に祝福をプレイ中です。女装主人公ものという事もあって雰囲気としては処女は乙女に恋してるに似ている印象。ただしこちらの方が物語よりもキャラクター主導で進んでいく感じです。テキスト、キャラクターともに過不足無くなかなかいい作品になっていると思います。

 @ふぉーむメイトも少しだけプレイしたんですが、こちらは操作性の面でちょっと期待外れ。有体に言って面倒くさいです。衣装を作るのにアイテムを集めないといけないとかわけわかりません。一体誰がイリュージョンの作品にゲーム性を求めているというのか。(これをゲーム性と呼んでいいのかはさておき)
 他にもいちいちヒロインを探しに歩き回らないといけなかったり、ヒロインに好感度があったりとブランドとしてその方向性はどうなのだと疑問に思ったり思わなかったり。グラフィックに関しては順当に進化しているんですが若干迷走している気がしないでもありません。


いきなり☆ねこキック (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)いきなり☆ねこキック (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2009/04/11)
むつき つとむ

商品詳細を見る


本日の一冊
 拾って来た猫が朝起きたら猫耳少女になって裸でお腹の上に乗っていたお話。
 猫耳少女メインのお話かと思いきや、時折裸になる以外あまり活躍しなかったり。むしろフラグが立っているのは主人公の義姉の方。そしてその姉は経年劣化が激しい。
 ストーリーもあんまり面白くないし色々期待外れ。もともとも期待して買ったわけでもないですが。
この記事へのコメント
無題
日本のメディア(雑誌やゲーム、AVなど)は他の国に比べて凌辱や強姦モノの比率が高いですが、それでもレイプ被害率は規制がかなり厳しいロシアなどと比べて圧倒的に少なく、規制には慎重にならなければならない、というメディア比較をやらせたのは自民党だったはずですが…(というか何年か前に政府から助成金が降りてうちの学科を含め全国の大学が調査研究を行ったのですが…まぁそういったメディア産業からの税収、経済効果は大事だという本音の為の建前的な調査研究でしたが)

規制対象が広がるとしたら次はロリ関係に規制が来そうで恐いですね
月草 2009/05/31 19:19 編集
無題
宜しいならば戦争だ

と世界中のヲタク達が一斉蜂起してイギリスに乗り込み訳ですねわかります

結局の所ヲタク文化その物を理解しようとせず単に自身が嫌悪する人種をバッシングしたいだけのような気がしますがね?

ヤダヤダこれだから三次元に生きる人って奴は…
らんぽ 2009/06/01 21:19 編集
無題
>月草さん
ああいう連中の怖いのは理論的な話をせずに感情だけで押し切ろうとする事だと思います。
犯罪率の低い国が犯罪率の高い国を見習ってどうする?という至極当然の突込みを無視できる図太さはなんとかしてもらいたいところ。

>らんぽさん
今最後の大隊がロンドンを灰燼に帰しても全世界の同士諸君は諸手を振って喜びそうです。まあ実際にはむこうで騒いでいるのも一部のキチガイだけだとは思いますが……。
アミーゴ URL 2009/06/02 23:39 編集
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL
コメント:
パスワード:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック :
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR