【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ 『フユウソ -Snow World End-』を応援しています! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや ef 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
ef
言葉なんて時代と共に移り変わりその都度淘汰されていくものですから「若者の言葉が乱れている」だのなんだのそんなに目くじら立てる必要は無いと思いますが(大体言葉が乱れているのが若者だけだなんて思い上がりも甚だしい)「こんにちわ」とかだけは勘弁してください。物凄い馬鹿の相手している気分になってくるので。特にこういう言葉使いをブスがメールでしていると殺意が湧き上がってきます。

 閑話休題
 「ef」という漫画を買ってきました。minoriから発売される同名のPCゲームの先行漫画版だそうで。ゲームのefは参加者に七尾奈留と御影のお二方が名を連ねていたので買おうと思っていたのでついでと思い軽い気持ちで購入したのですが……

……
…………
…………………

キャラクターの顔が原作とは似ても似つかないのは、まあいいです。もともと別の人間が書いているんだから。そうでなくてもゲーム原画のクオリティを漫画で維持しろと言うのも無理な話ですからね。
 会話とストーリーのテンポがトチ狂ってるのもまあまあ許せます。自分で考えた話じゃない訳だし、肝心の原作だってまだ出来ていないんですから。
 ですがね、この画力の低さは何とかならんものかと。素人目に見ても明らかにおかしい身体の動きと立体感の無さ。
 漫画を書くために覚える事は多々あるのでしょうが、もう美術の授業で習うような基本的な絵の勉強と出来れば人体などの生物の勉強もして欲しいと思ってしまいます。

 この漫画の場合、まだ発売されていない原作のPCゲームが後に控えていますからね。そちらの購買意欲を殺ぐ様なクオリティは勘弁してもらいたいところです。
そしてそれよりなにより、こういう小賢しい事を言う自分が酷く嫌な訳で。こんな文句を言わせずに純粋に楽しめる作品をと思ってしまう訳です。
この記事へのコメント
無題
OHPでもろくに情報公開していませんからね。
マンガ出すよりページを更新して欲しいところです。
この前出したファンディスクが内容を詰め込みすぎて赤字確定らしいですから、お金を稼ぐためにやっているのでは?と邪推しています。

>こんにちわ
やば、もしかしたら書き込むときに使ってるかもしれません。
その場合、どうかご容赦を。
へなへな URL 2006/05/16 23:50 編集
無題
efですか・・・私的には期待している一品なんですが、マンガ微妙でしたか・・。まぁ、ゲームは違うと思いたいんですけど(汗)
過去にセンチメンタルグラフィティという、前評判「だけ」のゲームのトラウマがありますからね・・。懐かしいなぁ・・・・・・。
へなへなさんの仰っている通り金稼ぐ為だけって感じます。

こんにちわ>
私も使っているかも(汗)そんな時は、注意してください。聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥とも言いますし(笑)
Kaede 2006/05/17 12:02 編集
無題
>こんにちわ
やけに反応する人が多いですね。
最近じゃ学校でこう教える教師がいるとか。英語教育よりもこっちをどうにかしろと思う次第。

>ef
水夏の製作陣が関わっているので是非期待したい所ですが……。金無い時に焦ってやった事は大抵ろくでもない結果になりますからね(私的経験則)
前評判……。ちょっと意味は違いますが「下級生2」は強烈でした……。
管理人 2006/05/17 16:51 編集
無題
下級生の話になりますが、たまきの彼氏が居る宣言は、当初嘘だと思っていました(汗)
エロゲー批評空間知らない時でしたからね・・。

ま、たまきをラストにプレイしたのと、七瀬のお陰で大分救われましたが。
Kaede 2006/05/22 09:55 編集
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL
コメント:
パスワード:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック :
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR