【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ 『フユウソ -Snow World End-』を応援しています! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや 戯言 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

去る三月一日秋葉原にて行われたpeacesoft主催「恋する姉妹の六重奏発売記念パーティ」通称姉妹セックスパーティに参加して来たのでその簡単なレポートになります。
 なお、寝不足の状態での参加でしたので所々記憶違いがある事が予想されますが御了承下さい。


 生憎の雨模様となった秋葉原。会場の『秋葉原バーリズム』は始めて行く場所だったので事前に下見をした所『18:30~21:30貸し切り』と書いてあるのを発見。
 パーティの開始時間は19:00なのでしばらく時間を潰した後開始十分ほど前に改めて会場に来たのですがそこで聞かされた言葉は

「まだ入れません」

 えー。
 貸し切り時間は18:30からなのでその時間から準備をしている事は想像出来ましたがまだ終わってなかった模様。というか、19:00になるまではたとえ一分前でも一切の入場を許さないというお役所仕事に吃驚です。もっと適当な会社だと思っていたのに。
 繰り返しになりますが、外は生憎の雨模様。待機列は階段から始まっていたわけですが、外にも溢れていたわけで。
 まあ、その待機時間の間に他の参加者の方と色々お話が出来て打ち解ける事が出来ましたので結果オーライと言えば結果オーライ。

 で、19:00になりやっと入場開始。
 全員の入場が終わるまでわりと時間が掛かったのですが、先程の待機時間の間にすでに色々打ち解けていた参加者さんが多く手持ち無沙汰にならなかったのは良かったです。まあ、みなさん共通の話題がありますし。
 
 そんなこんなでやっとパーティスタート、スタッフの自己紹介は業界話が色々聞けて面白かったですね。制作秘話だの、社長就任の経緯だの別のエロゲ会社に「要らない」と言われた話だの。(XはともかくWって何処ですか?)

 ところで今回のパーティ「料理&ドリンクお酒飲み放題コース」とあったので料理食べ放題だと思っていたんですが、飲み放題だけで料理は別だったんですね。勘違いしてました。
 はい、料理全然足りてないよ!
 運ばれる端から全てかっさらわれる料理。男だらけで四十人以上ですからね。そりゃ五皿や六皿あっという間ですよね。事前にちゃんと外で食べてくれば良かったと微妙に後悔。料理もあんまり美味しくないし。
 仕方ないのでひたすら酒を呑む私。普通の飲み会と変わりありません。

 その後、本来ならNe;onさんのライブが始まる予定だったみたいですが、アクシデントで来るのが遅れていたため、原画家の羽鳥ぴよこさんのトークショウ(?)が急遽スタート。場馴れしているのか生来の性格なのか知りませんが彼女が一番トークが上手かったです。但し腐ってますが。
「うわ~、生腐女子だ」と変な感動を覚えました。本当に居るんですねえ。

 その内遅れていたNe;onさんが来場。ミニライブと相成りました。Ducaライブの時と違いヲタ芸っぽい合いの手を入れる人が居ないので凄く良かったです(ぇ

 最後は景品を掛けたビンゴ大会。先にビンゴした人から欲しい景品を選んで行くルールで、目玉の描き下ろし色紙他、オフィシャルグッズの色校正だの、机から発掘されたテレカだの、羽鳥ぴよこさん落書き入りの色紙だのディナーチケットだの電マだの景品合計十五点。参加が四十人ですから結構な高確率で何かしら貰えるようになっていました。かく言う私も商品ゲットしてきました。

 残っていた物のうちテレカ五枚セットをゲット。描き下ろし色紙が欲しかったですが、流石に真っ先に持って行かれました。残念。

 と、ここで終了だったはずなのですが、何故か最後にもう一つ景品が出てきて最後に時間の都合でカットされたはずのじゃんけん大会スタート。私はあっさり敗北終了。というか、この手のじゃんけん大会で勝ち残った事無いんですよね。みんなどれだけじゃんけん強いんだって言う。

 で、今度こそパーティ終了となりました。
 スタッフさんが自ら段取りが悪いと自嘲していましたが、それでもやはりこういう集まりは楽しいですね。また期会があれば参加してみたいです。

 ……で、実はある意味ここからが本番。
 場所を雀荘に移しての二次会、麻雀大会がスタート。
 私ももちろん参加してきました。
 四卓立っていたのでスタッフさんと合わせて十六人居たのかな。最後まで誰もリタイアせず五時まで打ってたのは凄いと思います。翌日仕事の人も居たのに。
 ルールは一時間の時間制限ありの半荘戦でした。事前に細かいルールが配られていましたが例によって直前に色々変更され基本的にはシンプルなルールでの戦いとなりました。
 皆さんエロゲの話をするでもなく黙々と麻雀打ってました。時間が時間なのでそのせいもあったのかもしれませんが。
 私は寝不足のせいもあり致命的な打ち間違いを多々犯してしまった事もあり残念ながら入賞出来ませんでした。
 でもわりと上位だったのでビンゴ大会じゃなくてこっちに景品附けてくれれば良かったのにと思ったり思わなかったり。あと一打打ち間違え無ければ入着出来ていたので次回があればリベンジしたいところです。
 なお、大会は主催者側の人間が優勝して賞金かっさらっていくというわりとありえない結末に。麻雀大会はピースソフトの運転資金稼ぎの場だった可能性が……?(ありえません)


 という事で。今度こそ、本当に今度こそ終了で解散となりました。
 このようなイベントに参加したのは始めてだったのですが、なかなか楽しめました。次回があればまた参加してみたいですね。



 以下、イベントでのあれやこれ、思いつくまま箇条書き。


・ピースソフトは段取りが悪いを持ちネタにしている模様
・姉妹セックスの主題歌はNe;onさんから二曲サンプルが出されていたが羽鳥ぴよこさんのゴリ押しにより真面目な曲ではなくぶっ飛んだ曲が採用された
・ピースソフトの社長より副社長より羽鳥ぴよこの方が発言力が強い
・Ne;onさんと羽鳥ぴよこさんは古くからの付き合い
・羽鳥ぴよこ「ただで絵書くから悠希ルート作れ」
・原画家羽鳥ぴよこは腐ってる
・ぴよこ「女性のおっぱい揉むのは好きだけど男同士の絡みはもっと好き」
・むしろピースソフト自体が腐ってる
・某スタッフが自身の学歴を暴露したところ、周囲に変な空気が流れる
・姉妹セックスの双子ルートはわざと攻略面倒くさくした。それについての評判も色々見た模様
・そのうち双子ルート簡易化パッチ作る
・次回作のED曲ボーカルはピースソフトの伊芸某社員が内定
・伊芸「お前ら書くなよ!この事ツイッターとかで呟いたりするなよ!スマホ取り出すな(#゚Д゚)ゴルァ!!」


・外注スタッフと喧嘩して開発遅れて発売延期
・大日本学園戦国記にてカードが消えるという致命的なバグ「(∩゚д゚)アーアーきこえなーい」
・「大日本学園戦国記プレイしてくれてる人~?」( ̄- ̄) シーン…
・「大日本学園戦国記これからプレイしてくれてる人~?」( ̄- ̄) シーン…
・みんな超正直
・2ちゃんはバグ報告などに重宝している
・ツイッター上の評判もチェックしまくり「わたしのエゴサ力は53万です」
・参加者の大半は前回のパーティも参加してた
・参加者にはエロゲ歴二十年オーバーの歴戦の強者も
・やはりイベント参加するだけあってか古くからのピースソフトファン多し
・提督がいっぱい。プロデューサーは意外に少ない
・銃騎士は糞
コミケなどでも話題になっている二次元創作物による表現規制問題。具体的にどのように変化しているのか、各社の対応にはどのような違いがあるのか。いくつかの作品を比較してみました。


コアマガジン

 編集者が逮捕され、ある意味今回の問題の発端ともなったコアマガジン社。立場が立場なだけにわりと劇的な変化が見受けられました。

 まず手入れが入る前の状態。




遊郭部へようこそ! (ホットミルクコミックス)遊郭部へようこそ! (ホットミルクコミックス)
(2011/10/08)
歌麿

商品詳細を見る
商品詳細を見る






 薄い黒色の長方形の消しが一本入っているのみ。小さいコマにはそれすら無いものも多く見られます。

 次に手入れが入り編集者が逮捕された直後の作品


いつの間にか少女は 雨蘭(Amazonでの取り扱い無し)



 一転して生殖器全体が白抜きとなります。当事者という事もあってかかなり極端な対応という印象。
 ですがこれは流石に評判が悪かったのか直ぐに変更になった模様。


半熟プラムとシュガーシロップ (メガストアコミックス)半熟プラムとシュガーシロップ (メガストアコミックス)
(2013/10/31)
山吹ざらめ

商品詳細を見る


 白抜きは短期間で終了し、生殖器全体へのモザイクに変化しました。元の絵に沿う形でモザイクが掛けられているので形自体は認識出来ます。



ワニマガジン


好きだらけ なぱた(Amazonでの取り扱い無し)





 続いてワニマガジン。初期のコアマガジンと同様の薄い黒の長方形による消しですがワニマガジンの方がやや消しの数が多い印象を受けます。





おとめくずし (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)おとめくずし (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)
(2013/11/21)
ひげなむち

商品詳細を見る



 続いて最近発売の作品。黒の長方形による消しはかわりませんが色が濃くなり数、大きさも増加している事が見て取れます。


茜新社

今日も寝かせないから 源五郎(Amazonでの取り扱い無し)



 前二社と似たような消しですが長方形ではなく、生殖器の端から端までを黒で塗りつぶす格好になっています。色も若干濃い目。


未姦成少女篇 三月さんいち(Amazonでの取り扱い無し)



 続いて最近発売の作品。消しの幅がかなり太くなっている事が見受けられます。

 なお、同じ茜新社で発売時期もほぼ一緒のComicLOの場合はモザイクでの処理がされていました。この辺は単行本と月刊誌での差でしょうか。



 各社差はあるもののやはり総じて当局による締め付けの影響を受けている事が見て取れます。それが「指導」によるものか自主的なものかはわかりませんが。
 東京オリンピックに向けてますます締め付けを強くしていくなどという噂も漏れ聞こえてきており、二次元産業の今後が不安になる出版業界の変化ではあります。
 以前こちらで募集した処女・非処女に関するアンケートの結果です。
 処女厨に関してはノイジーマイノリティだという事を良く耳にしますが実際にどの程度の存在なのかはっきりしたところがわからなかったのででは自分で調べてみようと思い立った次第です。サンプル数が40と少ないのであまり信頼度は高くないですが。

問1
あなたの性別は?


 男女での違いが出れば面白いと思ったのですが女性のサンプルが少なすぎて意味ありませんでした。
 非常に偏った男女比ですが、アンケート内容を考えれば男女比互角だったらその方が問題ですね。

問2
自分は処女厨だと思いますか?

 四割弱の人が自分は処女厨だと思っているという結果に。
 正直、予想よりもかなり多い数字です。

問3
処女厨の基準とはどういうものだと思いますか?
処女厨だと思うもの全て選択下さい。(複数回答可)

 「ヒロインが処女じゃないと許せない」を九割弱の人が選ぶ結果に。処女厨という言葉を考えればこれが一番相応しい気はします。
 また、他三つもそれぞれ過半数の人が選択していますね。こちらはどちらかと言えば独占厨という呼ばれ方がされそうですが「処女独占厨」などと一括りにされる事も多い両者、明確に区別している人はあまりいないのかもしれません。
 他、その他を選んだ人の解答を幾つか紹介してみます。

「ヒロインが主人公以外の男と接触する。ヒロインが主人公以外の男を意識する。主人公の分身がヒロインと接触する。過去・未来の主人公がヒロインと接触する。ヒロインの父親が「一緒に風呂に入っていた」「おしめを代えてあげた」発言。サブ男がヒロインを性的な目で見る。ヒロインが過度に露出した服・水着を着る。※ ただし、サブ男の感想などがなかった場合は許可。二次創作を快く思わない。以上を禁止する人間。」

「現在の主人公以外の男恋愛感情を持つ、一緒に倒れこむ(事故であっても)、手をつなぐ等を許せない方。間接キスなどもっての外。」

 この二つは自分は処女厨だと思うと答えた人の解答。自分はこうだ、という主張も含まれているのでしょうか。
一方自分は処女厨では無い、と答えた人の解答。

「処女独占スレにあるようにヒロインの下着が他の男に見られたり、身体に少し触れたりする程度でNGとなるレベル。」

「ヒロインが他の男と話す。ヒロインが海・プールなどで水着姿を他の男に見られるのを嫌がる。」

「主人公以外の男の話がでないシナリオ、友人が出てきても友人がヒロインを女としてみるような描写がほぼなく、ヒロインに関して美味しい思いをすることが少しもないシナリオを好む人。」

「ヒロインが過去・現在・未来、全てにおいて他男と接触を持った事がある、または持った事を意識させる表現がある場合に嫌悪感を抱く人。これには父親等も含まれ、例外はない。」

 ある意味偏見なんですが、あながち偏見でもないという……。
 そしてこんな解答も。

「ヒロインの未来についてこうあってほしい(他の男を好きにならないで等)という希望があるのは、処女厨とはまた違うのですかね…?」

 これはどうなんですかね?私はそれは処女厨というより独占厨の範疇に入ると思いますが。
 というか、ハーレム至上主義の私的にはヒロインが未来に於いて他の男を好きになるってのは無しですねぇ。

問5
ヒロインの過去・行動でこれは許せないと思うものをお応え下さい。(複数回答可)

 過去よりも現在という事なのか、他の男にキスされる、裸を見られるが過半数に達する一方非処女が許せないという人は13票と全体の三割強に留まりました。
 また、その他意見は以下のとおり

「何を表現したいかによります。純愛作品でヒロインとの恋愛・イチャイチャを主題に置いているのであれば上記の項目は全て当てはまりますが、作品自体にテーマのある群像劇的作品、凌辱・寝取られ等の作品であれば拘りはありません。」

「その√に入らなかったからといって数年後に別の男と結婚していたりするのはNG。純愛ゲーのヒロインなら√に入られなくとも主人公の事を想い続けて一人で生きていくべき。オナニーするときにほかの男の事考えたらその時点で非処女、論外。」

「ヒロインが主人公以外の男と接触する。ヒロインが主人公以外の男を意識する。主人公の分身がヒロインと接触する。過去・未来の主人公がヒロインと接触する。ヒロインの父親が「一緒に風呂に入っていた」「おしめを代えてあげた」発言。サブ男がヒロインを性的な目で見る。ヒロインが過度に露出した服・水着を着る。※ ただし、サブ男の感想などがなかった場合は許可。」

 作品のテーマによって非処女が許されるか否か変わってくるというのはあるのかもしれませんね。
 凌辱ゲーと萌えゲーじゃユーザーも違ってくるでしょうし。


問7
ヒロインの処女性は重要ですか?

 半数近い人が処女性の重要性はキャラやストーリーによると解答。
 処女非処女にこだわらない、非処女の方は良いという人は合わせて二割程ですので、非処女を出すならそれなりの下地が無いと非難される可能性が高いという事でしょうか。

問8
アニメ・漫画・ラノベ・エロゲなど自分が視聴、プレイしている作品で一番好きなヒロインが過去付き合っている男性が居てすでに非処女だったらどうしますか?(複数回答可)

「好きなのは変わらないけどなんとなく嫌だ」が一番多くてピッタリ四割。また、重複を除いた「むしろ非処女の方が良い」「気にしない」の合計も四割ですから、非処女を出すリスクってのはメリットが少ない分結構大きいんでしょうね。

問9
処女・非処女について何かありましたら自由にどうぞ

まずは処女厨の方の解答から
「シナリオに非処女である必然性があれば、非処女でも良いんじゃないですかね。
あくまで処女にこだわることによって、エロゲのエンターテイメントとしての幅が狭まるのであれば、それはちょっと違うんじゃないかとも思います。」

「メーカーは処女膜の有無をキャラ紹介に書くことを義務化すべき」

「処女好きだけど、非処女にする事によってストーリーが面白くなるならOK。雫の瑠璃子さんみたいに。萌えゲー抜きゲーは全処女が理想。」

 3つ目の意見が一番順当且つ穏当な意見なんじゃないかなあと思います。
 シナリオを面白くする為に非処女を出すのはありでしょうが、萌えゲーなんかでわざわざ非処女出す必要があるのかなあ、と。


一方非・処女厨の方のご意見
「処女を求める声が大きくなり、非処女の出る幕が無くなるのはシナリオの幅を狭めるのではないかと危惧しています。最近では「この設定や過去で処女なのかよ」みたいなキャラも少なくないし、作り手が萎縮しているのはちょっとなぁと思うことも。じゃあたとえば処女愛好家の方々をして「こいつなら仕方ないな許せる」と言わしめるほど良質のシナリオorキャラがいるのかと言われると、そんなことは滅多に無いよなぁとも思います。処女のほうが安全ですよね。結果的に世の中が処女傾倒になることについては、「でもしょうがないですね」と考えています。」

「まずは問7、気にしないを選びましたが、「キャラやストーリーに無理が無く必然性があるのであれば、処女だろうと非処女だろうと気にしない」です。でも純愛作品でイチャイチャラブラブさせる作品なのに処女厨向けの気遣いを忘れているような作品はキライです。ストーリーに関わってこないただの賑やかしの男親友とか、ラッキースケベで主人公以外に肌を見せるとか、安易なドタバタに走って「あーまたこれ処女厨が騒ぐよ」みたいに思ってしまうのが嫌なので、イチャラブ作品を作るのであればその辺の機微を意識してほしいです。最後に、冒頭にあったかんなぎ騒動ですが、なぎ様の可愛さで萌え豚を釣っておいてあんな展開をしてしまえば当然の流れだし、それを予見出来なかった製作サイドの落ち度だよね、ぐらいのイメージしかないです」

「処女ヒロイン・非処女ヒロインどちらにもそれぞれの良さがあるので、好みを片方だけに限定するのはもったいない。エロゲが処女だらけになっている現状は偏りすぎている。」

「最近、メーカー側も処女厨に気を遣いすぎて、作品が窮屈になっている気がします。
『LOVELY QUEST』では友人がペット好きで女の子に興味は無いという変な設定だったし、『プリズム◇リコレクション!』では友人が水嫌いという理由でプールについてこなかったし。
早くこの風潮がなくなってほしいなと思います。」

「意味の無い非処女には拒否感がありますが、
すべてはキャラやストーリーに合っているか、その設定が不自然じゃないか、が重要だと思っています。
酸いも甘いも知り尽くしたような素振りをしている大人の女性が処女というのは、逆に滑稽さしか感じません。また、過去に好きな人がいた等の「過去」についてはあまり気にしないタイプです。」

「既に処女をヒロインとした作品は膨大な数が用意されているので必要であれば過去作によって十分な量が手に入るが、非処女ヒロインは極めて希少であり(処女厨とそうでないユーザの比率を考慮しても)需要を満たしているとは言い難い状況にある。」

「処女でも、非処女でも、登場人物の歴史を描こうとしているなら、不満の種にするほうが不自然ですし、あえてどちらしか認めないというのも、受け手の了見の狭さにしか感じられません。ただし、処女にしておいた方が楽だからといった、安易なキャラ作りは、シナリオ性を求められるような作品には、あって欲しくないものです。」

>>処女愛好家の方々をして「こいつなら仕方ないな許せる」と言わしめるほど良質のシナリオorキャラがいるのかと言われると、そんなことは滅多に無いよなぁとも思います。
これは私もあると思います。非処女が出てくる作品でもシナリオが確りしていれば非処女に対する批判の声がかき消されるというのは珍しい事ではありませんし。現在の処女偏重にシナリオライターの能力不足も一枚噛んでいるのかもしれません。

>>処女ヒロインは極めて希少であり(処女厨とそうでないユーザの比率を考慮しても)需要を満たしているとは言い難い状況にある。
 これってどうなんでしょう?誰か処女と非処女の割合を算出して見れば面白いかもしれません。まあ手間考えたらほぼ不可能でしょうが。
 萌えゲーなんかだと確かに処女が多いでしょうが凌辱ゲー等を入れるとどうなるのか。私もそっちはあまり造詣深くないんで傾向もあんまりわかりませんし。


 唐突な思いつきから始めたアンケートでしたが中々興味深い結果が出て面白かったです。処女厨処女厨と馬鹿にする声は良く聞きますが想像以上に大きな勢力だったんだなあ、と。そしてそんな現状に結構強い不満を持っている方も多いんだなあ、と。
 
 これだけ非処女嫌いな人が居るとやはりメーカーとしては気軽に非処女出せないんでしょうね。じゃあどうすれば良いのか? 男の娘みたいに非処女専門のブランドでも立ち上げれば良いんでしょうか。それも難しい気がします。非処女自体は性的な属性というわけではありませんから。
 というか、NTRゲーなんかは結構出ている印象ですのでそれほど非処女が少ないとも思わないのですがやはり当人達から見ると印象が違うのでしょうか。非処女より私の愛するふたなりの方がよっぽど数少ないんだから贅沢言うな

 マニアは黙ってろとお叱りを受けそうなところで、そろそろ終わりにしたいと思います。
 締めくくりとして、アンケートに真っ先に答えてくださった方の熱いパッションが詰まった言葉を添えて。



処女!処女!この作品に登場する人物は全員成人なのに16歳処女のプリプリパイパンおまんこから流れる爽やかな高原の香りがする蜜をペロペロしながら恥辱に濡れるその顔を拝顔したいよぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおん!


 こちらのアンケートも現在募集中ですのでお暇な方は是非
二次元作品の属性についてのアンケート
 発端はWikipediaのNavelのページとか。Wikipediaにはよくある編集合戦ですが、Navelを「アダルトゲームブランド」にするか「美少女ゲームブランド」にするかで揉めた模様。で、「美少女ゲームブランド」表記への改竄を行なっていたのがNavel側の人間で改竄の根拠としてアッチョリケの発言を引き出してきたというのが経緯らしいです。
 「美少女ゲーム」という表記への拘りの理由は一般向けへの商売も行なっている西又葵へのイメージを慮ってと思われそれ自体は十分理解も納得も出来る事なんですが、アッチョリケ氏のTwitterによる上記発言はバカ発見器の名に恥じない内容だという他ありません。
 オタクの特徴だか嫌われ者の特徴だかで「相手の発言を全否定するところから会話を始める」というのがあった気がしますがアッチョリケ氏の発言はまさしくそれですからね。いきなり「Navelブランドをアダルトゲームブランドであると考えている方がいらっしゃるようですが、これは誤りです。(キリッ)」ですからね。もう馬鹿かと。
 Navelをエロゲブランドと認識している人間の数は決して少なくないと思われます(そうでなければこんな事態にそもそもなっていないですし)。またそう思われるだけの客観的な理由も存在します。何せNavelの処女作はエロゲであり現在でもエロゲを作り続けているのですから。
 なのにこの発言はそういった人達を全否定してしまっています。それも随分と稚拙な理由で。
 恐らくは最初にアダルトゲームブランドの否定という前提があってそこから理由を探してきたからこんな頓珍漢な発言をする事になったんでしょうが。もし吉野家で豚丼の売上が牛丼を上回ったら吉野家は豚丼屋になるとでも言うのでしょうか。御為ごかしなど言わずはっきりと言えば良かったんじゃないでしょうか「アダルトゲームブランドでは印象が悪いから使わないでください」と。

 というかですね、言うにしても言い方というものがあるだろうと。なんでいきなり客の考えを全否定する必要があるんだろうと。例えば「確かにアダルト商品も手がけていますがNavelではアダルト以外のコンテンツにも注力しており、アダルト、非アダルトを包括するブランドとしてNavelはアダルトゲームブランドではなく美少女ゲームブランドを標榜しています。ユーザーの皆さんにもそういった認識を持って頂ければ幸いです」とでも言っておけばカドも立たなかったでしょうに。底まで思考が回らないのか端から客を馬鹿にしているのか。恐らくは両方でしょうけど。

 とかくエロゲー業界には非常識な人が多いのであまりTwitterなどで発言をして欲しくないと思う次第です。作品面白くても中の人が不愉快だと買う気失せますし。今回は元々評判の悪いNavelだから良かったですが。
予約済み

ものべの
 随分と延期したけれど今月は発売される模様。「マスターアップしてました」なんて事が無い事を祈るばかり。
 シナリオがどうであれ、日焼け少女が入れば十分なんじゃないかとそんな作品。
期待度80%

検討中

VenusBlood -FRONTIER-
 今回もどうせバグだらけのシステムに日本語の不自由なテキスト、残念過ぎるシナリオなんだろうなと漠然とした予想。それでもこのシリーズを買い続けているのはHシーンが比較的好みだからですはい。
 今回もふたなりあるのかなあ。
期待度60%

回避

ゆきいろ
 「ヨスガにソラってろ」を私は忘れない
期待度0%
 

 しばらく激戦区が見当たらないので購入作品に頭を悩ます事も無さそう。
 いつもこのくらいのペースなら良いんですけどね。
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR