【はるるみなもに!】情報ページ公開中! Nanawind第四弾「春音*アリスグラム」応援中! こいのす☆イチャコライズ ユニゾンシフト『あなたに恋する恋愛ルセット』応援中! ★『お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?』 身捨つるほどのエロゲはありや ヨスガにソラってろっ 忍者ブログ

ぶち応援中
ま~まれぇど新作第11弾『お家に帰るまでがましまろです』 『おとれな』を応援中!
拍手ボタン
プロフィール
HN:
アミーゴ
性別:
非公開
カテゴリー
アクセス
アーカイブ
バナー
身捨つるほどのエロゲはありや 身捨つるほどのエロゲはありや
リンク
 予想していたよりも燃え広がった一連のねこねこソフトのWhite騒動。
 発端は妹攻略詐欺で追い打ちが「ヨスガにソラってろ」。さらに片岡とも氏がOHPの日記で燃料投下ってところでしょうか。上手く相乗効果が現れた感じですね。
 鬼まり。の時も思いましたがどうしてエロゲ業界の人間はユーザーに平気で中指立てられるのか不思議でなりません。悪い意味でお客との距離が近すぎる感じがします。
 以下、騒動の大まかな流れ。Whiteスレからの抜粋です。



■Whiteの妹(ほたる)騒動の流れ

(1) 「キーワード:お兄ちゃん好き好き」などと公式HPで事前に妹としてキャラ紹介(※実義不明)



(2) 共通ルートで兄が妹へフラグを立てると、個別ルートで突然他人のショタが主人公になる

(3) 緊急回避ボタンを押すと「そんなに実妹がよけりゃ、ヨスガでソラってろ」などと攻撃的発言



(4) 公式HPの日記で「今時のゲームは実妹攻略当たり前って認識を、持つべきだった」などと弁解



■指摘されている問題点

・オフィシャル通販の特典内容が粗悪で事前の説明が足りない
・ナイフで切ると回復するなどの一部設定が説明不足すぎて理解できない
・複数主人公のゲームだという情報が事前になかった
・妹(ほたる)ルートで主人公が変更(レン)になる意義が感じられない/突然すぎる
・「主人公の妹」という紹介は、他人のレンが妹ルートの主人公であるなら誤りである
・「お兄ちゃん好き好き」などと事前に紹介しているのは意図的に騙す悪意があったのでは
・上記(3)のように攻撃性の強い発言をわざわざ商業タイトルでする必要性があるのか
・(3)のネタを仕込んでいる段階で、(4)の弁解は矛盾してないか
・「特に触れなくても、ユーザーの人には分かって貰えるのかな?」という弁解は不誠実/謝罪してない



 なんというか、色々酷くて怒りが有頂天って感じなんでしょうか。
 オフィシャル通販の特典は私も見た瞬間しょぼいと感じました。



 画像が汚く分かりにくいですが、絵柄の部分が「洗ったら剥がれるんじゃないか」と思える位安っぽいです。
 なんというか、百均で買ってきたカップに手作業で貼りつけたと言われても頷いてしまう出来です。
 そもそも通販特典は「ねこオリジナル豪華おさな子(+軍手)」と書かれていたんでこれが出てきた時は頭に?が浮かびましたが。
 ちなみに軍手は普通の軍手が片方だけ入っていました。

「ヨスガにソラってろっ」はねこねこ恒例の緊急回避に仕込まれたSSでの一コマ。
 エロゲの場合他社作品を作中でネタにする事はそう珍しい事でも無いのでこれだけなら特にネタになる程でもなかったんでしょうが、妹期待でWhite買った人からしてみれば喧嘩売っていると取られても仕方なかったと思います。実際に実妹が出てきて、だけど攻略出来なかった(他の男に攻略された)んですから。
 というかですね。


実妹なんて邪道です

 わざわざこんな事言う必要がどこにあるのかと。
 また、このSSの存在によって片岡とも氏の弁明「今時のゲームは実妹攻略ってのも当たり前って認識を持つべきだった(持っていなかった)」が限りなく口から出まかせ臭くなってしまったというのもあります。ただでさえ謝罪になっていない謝罪だったのに。



 私自身は特に妹に期待していたわけではない(というかそもそもねこねこに面白い作品を期待していない)のですが、オムニバスタイプを除く複数主人公物の作品が大嫌いなので妹は別の主人公に攻略されますと明記して欲しかったというのが本音。まあ、書いてあったら買わなかったのである意味ねこねこソフトのやり方は正しかったのかもしれませんが。
 オフィ通特典も「ヨスガにソラってろっ」もそれだけなら笑って許せる範囲。作品自体がつまらなかったという批判もありますが、そもそもねこねこソフトの作品は基本つまらなく面白かったら儲け物ぐらいのイメージですし(120円シリーズは面白かったです)。

 ただまあ、今回みたいに予約して新作を買う事はないんだろうなとは思いますが。
 つまらない作品しか作れなくても、下手なファンディスクよりしっかりした無料のお返しディスク(前述の120円シリーズはここに入っていました)を送ってくれたりするユーザーフレンドリーなブランドだからこそお金を落としていたわけで。
 鬼まり。の130㎝もそうですが散々馬鹿にされてるのにそれでも買おうと思える程の購買意欲は持ちあわせてはいないのです。(その方が幸せかもしれませんが)(Garden完全版の為ならいくらでもCUFFSにお金落とすよ!)
この記事へのコメント
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL
コメント:
パスワード:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック :
応援中
ブログ内検索
最新記事
リンク
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Twitter
カテゴリー
RSS
[PR] 忍者ブログ [PR]
Designed by ST
PR